Aira的ドールの解釈


博士:
人形というキーワードを純粋であどけない少女の象徴としてではなく、美しくしかも無機質で、ゆえ孤独から唯一逃避できる悲しい玩具、あるいは心を持たない、いや、心を持ったからこそ傷ついてしまった自分自身の象徴の様です。ロボットというのもAira的には同じ解釈ですね。

先生:
MEGは3,000枚限定BOXセット『MEG PREMIUM LIVE "PARTY"BOX』で、公式リカちゃん・MEGモデルを作って、ニューアルバム『BEAUTIFUL』では、PVのモチーフに使っていましたが、このAiraちゃんのバービー化現象は違う方向に行っている気がします。

博士:
ドーリーなルックスは一瞬MEGに近いものを感じますが、MEGが切ないメロディーラインと思わせぶりにキュートなPVのわりに、歌詞自体は日常風景であるのに対し、一見キッチュな映像に反してAiraちゃんの世界はきわめて深刻です。

先生:
バービーって着せ替え人形以外にもいろんなビジネス展開をしているんですね。バービーの日本公式サイトに行ってみると、部屋着、ルームシューズ、クッション、タオル、ランジェリー、はたまたブライダルにまで進出しています。

バービー日本公式サイト

博士:
やはり、こちらから、Airaモデルも出して欲しいです。