E3!!!とは?

先生:
今回は、E3!!!のメンバーの方々を対談者に迎えて、Perfumeとクラブ活動みたいな視点でお話を進めて行きたいと思います。まず、E3!!!と言われても、「何?」という読者もいるでしょうから、E3!!!を紹介してください。

班長:
E3!!!「RUN PFM」Tシャツ
E3!!!は「Perfumeを軸として 中田ヤスタカworks-HOUSE-TECHNO-ELECTRO-ROCK-JPOP-昭和歌謡と縦横無尽に音を楽しむ」というテーマのクラブイベントです。 ひたすらPerfumeだけがスピンされるわけではなく、本当に様々なジャンルが一日でスピンされます。

また、Perfumeに何か記念碑的なイベント(日本武道館等)があるとそれに併せて特別編であるE3!!!-Special Edition-が開催されます。 昨年のPerfume@日本武道館ではテクノ界のトップDJであり、PerfumeファンでもあるTobyさんをお招きしました。

今回登場のE3!!!メンバー

先生:
じゃ、E3!!!についてはさらに掘り下げていきますが、今回参加したE3!!!メンバー、それぞれ自己紹介してください。そうですね、E3!!!での役割と自らの音楽ルーツを一つ挙げてください。じゃ、先ず、班長から!

班長:
班長
E3!!!のオーガナイザーをやっております班長と申します。元々は他のイベントでDJを担当することになっていて、それの取りまとめをするのでDJ班の班長という意味だったのですがその、イベントが終わった後も何故か班長という名前だけは残ってしまい今に至ります。E3!!!ではオーガナイザー業務の他にDJとVJも兼務しています。

中学生の頃にフリッパーズ・ギターを聞き始めて、渋谷系の洗礼を浴びまくった後にライヴハウスへ出入りするようになり、その後WIREやレインボー2000に参加していろいろ目覚めました。 青山にあったテクノ箱のManiac Loveへは6年程ほぼ毎月通っていました。

赤ジャージ:
赤ジャージ
初めて班長に会ったときに着ていたジャージが赤かったので、この名前になってるのですが、赤いジャージがアイコンになりすぎて、他の色のジャージを着てると誰だかわかってもらえません。

先生:
そうそう、僕も先日、E3!!!以外の場所で会った時、気づかなかったですもん。

赤ジャージ:
E3!!!ではDJはもちろんですが、E3!!!OSAKAとE3!!!OKINAWAの現地オーガナイザーを担当しています。

Perfumeに出会うまでは主に邦楽のロックやパンクを聴いていました。まぁ、平たく言うと、ロキノン厨です。音楽の趣味は多分E3!!!メンバーの中では、一番普通というか、平凡なんじゃないかと思いますね。

senu:
E3!!!SAPPOROのオーガナイザー兼DJをやらせてもらっています。音楽に興味を持ったのは小学生の時に聞いたQUEENからで、その後洋物POPS、ROCKと進み高校の時にUKハードコアPUNKバンドなんてやってました。札幌に出てきてから縁あって某有名クラブで働きまして、R&BやFUNK、Houseなどの洗礼を受けました。そこでスタッフイベントなどでDJデビュー。P-FUNKが好きなのにHipHop嫌いの変なDJでした。 ここ10年、仕事も普通にサラリーマンになり音楽は聴くけど以前みたいに積極的に関わらない状態が続いていましたが、Perfumeに出会いそしてE3!!!の仲間と出会いみんなの熱に当てられて、気付けばこんなところに?って感じでSAPPOROのオーガナイザーになっていました。

音楽的趣味というかプレイスタイルは90-00のアイドル全般です。なんでR&Bとかクラブ上がりなのにって思うかも知れませんが、僕にとってのクラブミュージックのルーツが先輩の受け売りなので、自分の血肉じゃないって認識なんです。それとPerfumeに関しては音から入った部分もありますが、僕の中ではやっぱり「アイドル」なんです。クラブミュージックとアイドルの融合~アイドルミュージックをクラブという文法で表現する。なんて言うとカッコ良いですが、ただ単にアイドルが好きなんですね(笑)。