Crystal Kay

ONE Pokemon Edition
クリケイことCrystal Kay (Williams)は、女子大生R&B系J-ポップ・シンガーのイメージですが、意外と侮れないです。中古屋で50円で買ったCDを紹介するのは、気が引けるのですが、シングル『ONE』はお勧め。シングルは2種類あって、くれぐれもピカチュウがいっぱいのポケモン・ヴァージョンの『ONE Pokemon Edition』を買ってはいけません。いや、Tommy ferurary6の『L・O・V・E・L・Y~夢見るLOVELY BOY~』と共にポケモン・ペアとして揃えるのもオツなもんですけど。

ONE
「ONE」自体は、ミドルテンポのなかなかシットリするR&Bなんですが、通常盤の『ONE』には、リミックスが2曲収録。「CORNELIUS REMIX」は、綺麗にまとめたキラキラ系。お勧めは、「DEXPISTOLS REMIX」・・・New Orderの「Bizzare Love Triangle」みたいなシークエンサーでガッツンガッツン来ます。J-ポップ系リミックスの中でも、GIRL NEXT DOORの「情熱の代償 (Shinichi Osawa Remix)」と並ぶ出来。カップリングの「すき」も、重低音がドンドンするエレクトロ風味が素敵。