今回は、「60~80年代の電子音楽」というトークイベントに行ってきたよしの番長が、報告したい事があるというので「よくわかるテクノポップ」シリーズの一環として、番長と対談をします。トークイベントについての対談というのは、なんだか批評家の批評みたいでヘンですが・・・

関西テクノポタリング会

番長:
今日は、今回も先生のサイトをジャックしたよしのです。

先生:
お気軽にジャックしてください。いきなりですが、最近、番長は自転車にハマってしまっているらしいですね。

番長:
よしの自転車+ヤマネ自転車

「関西テクノポタリング会」と言う自転車チームを結成しています。(写真左は僕の自転車、「Bianchi Cameleonte4」写真右はメンバーのヤマネさんの自転車「Anchor CA900」です)。ところでチームジャージのデザインについて、第2回YMOのワールドツアーのYMOシャツの模様を提案した所、あっさり却下されました。でも、僕は、この程度でめげません。第1回YMOワールドツアー制服をレーシングジャージに仕立てて、集団で自転車走行していると、1970年代の中国の出勤風景がハイテク化したようで、それはそれで趣があるので、今度提案します。

先生:
Tour de Naniwaですね。かっこいいじゃないですか? 先日、北京に出張かましていたんですけど、今の中国には往年のレトロ自転車はあまりありませんね。車が多すぎる。

番長:
内容と何の関係もない、往年の「ロッキン・オン」のような前フリをかましてしまいました。

60~80年代の電子音楽

先生:
では、本題に入って下さい。どこに行ってきたんですか?

番長:
『電子音楽インジャパン』の著者、田中雄二さんと、あの、説明不要の松前公高さんが10月11日に

「なにわーとスクールん♪その4"ポピュラー音楽と電子楽器"
第1回 「60~80年代の電子音楽」
(現代音楽、モンド、YMO、ジャーマンエレクトロニック、テクノポップ、そして・・・)
と言うタイトルで、トークを行うと言うことなので、「これは面白い」と聴講してきました。今回は、そのレポートです。

先生:
なるほど。最近では「おしりかじり虫」の編曲者として知られる松前さんですね。

番長:

松前さん+田中さん

さて、トークですが、音源のさわりを掛けて、田中さんと松前さんがコメントして行く形式です。リアルタイムで音源を聞きながら、音について論評していくので、当方の文章力では上手に表現する事が出来ず、セットリスト中心の解説となってしまいます。また、表現に誤解や間違いがあるかも知れません。あくまで文責はよしのです。ここんとこ、よろしくお願いします。