ヨハン・セバスチャン登場

先生:
では、今回はヨハン・セバスチャン氏を迎えて、Perfumeサウンドの解析をしたいと思います。
テクノ・マスターシリーズ Vol. 4~Perfume編(教則DVD)【非売品】


セバスチャン:
フルネームは、ヨハン・セバスチャン・ユーリー・シュリンプフィールド・フォン・ケロッグ・・・

先生:
ややこしいから、博士で行きましょう、博士で!

セバスチャン改め博士:
(不満そうな顔)

Perfumeサウンドのコード進行

先生:
Perfumeサウンドを解析するに当たって、やはり中田ヤスタカの作曲技法に注目したいですね。Perfumeサウンドのコード進行に驚くべき共通点を見出したとの事ですが・・・

博士:
まぁ簡単に言うとありがちなループ系というだけですが、結構、的は得ていると思いますよ。

先生:
基本コード進行は?

博士:
ズバリ、IV M7-III m7-II m9-III m7のループです。

先生:
分かりやすく、ハ長調にしてみるとどうなるんでしょうか?

博士:
FM7-Em7-Dm9-Em7 ですね。

中田サウンドの特徴はさらに加えて必ず終止形とペアになる点にあります。例えばDaft Punkの「デジタル・ラブ」は最後の最後まで一貫してループなのですが、中田サウンドでは、必ず終止系を入れてA-B-サビ・・という日本の歌謡曲のサイズを踏襲してきます。