“男”ジャケ!

ガイド:
やっぱり、見かけにに断然こだわるロッカーとして、AMIさんのお勧め“男”ジャケ100選を教えてください(いや、5つ以内でいいです)。

AMI:
たった5枚!・・・あえて、師匠のブライアン・フェリーやゲンズブールは除きましたが・・・とりあえず今思いついたのを。
いずれのアルバムもジャケ、中身ともに最高です。

1) PRINCE『DIRTY MIND』(80年)
DIRTY MIND


2) PETER HAMMIL『NADIR’S BIG CHANCE』(75年)
NADIR’S BIG CHANCE


3) KIM FOWLEY『INTERNATIONAL HEROES』(73年)
INTERNATIONAL HEROES


4) DUNCAN BROWNE『THE WILD PLACES』(78年)
THE WILD PLACES


5) IAN HUNTER『SHORT BACK N' SIDE』(81年)
SHORT BACK N' SIDE


次点
6) 南佳孝『忘れられた夏』(76年)
忘れられた夏


ガイド:
なるほど。ダンカン・ブラウンは僕も好きですね。では、ダンカンつながりで、僕も男ジャケ1選します。
1) METRO『METRO』(76年)
METRO