「お化粧テクノ(1)~ルージュマジック」に続く第二弾は1982年夏から1984年春まで。お化粧テクノの黄金期であります。

1982年夏~赤道小町ドキッ

赤道小町ドキッ
夏になると様相が一転します。今度は、カネボウが総立ち久美子こと山下久美子による「赤道小町ドキッ」で形勢逆転を狙います。山下久美子自体は、当時からテクノなイメージが希薄なわけですが、これは松本隆=細野晴臣の黄金コンビによるトロピカル系テクノ歌謡の金字塔と言えましょう。結果、オリコン2位を記録し、彼女の代表曲となるわけです。カヴァーについては、別企画「裏YMOカヴァー」でさらに詳しく書くつもりです。

キスラ・キスラ 踊るファンデーション
さて、ここでマックスファクターが参入します。82年夏のパンケーキのキャンペーンに使われたのが、ブッシュマンの「キスラ・キスラ 踊るファンデーション」。パンケーキとは、マックスファクターが発明した水で使うコンパクト・ファンデーション。ブッシュマンとは、当時、ニカウさんも来日して盛り上がった映画『ブッシュマン』由来だと思われますが、決してニカウさんがやっているわけでない。サウンドを聴く限り、ムーンライダーズが絡んでいるに違いないと勝手に確信を持っています。

1982年秋~すみれSeptember Love

すみれSeptember Love
カネボウのテクノ路線は、一風堂の「すみれSeptember Love」で82年秋へと続きます。それまでは何らかの形でYMOが絡んでいたのですが、これは珍しい初めての非YMO(土屋昌巳自身は、YMOのメンバーとのコラボはしています)によるヒットしたテクノ化粧品CMソングです。一風堂としては既に3枚のアルバム、5枚のシングルを出し、土屋昌巳のソロ『Rice Music』をリリースして直ぐに後ですね。

MAGIC VOX
結果、オリコン2位と一風堂としては最大のヒット曲となり、ご存知のように後にSHAZNAがカヴァーをしました。今までオリジナル・アルバムがちゃんとCD化されていなかった一風堂ですが、2006年には、ボックスセット『MAGIC VOX~IPPU-DO ERA 1979-1984』がリリースされました。これを聴くと、「すみれ・・・」だけが一風堂の魅力でない事が分かって頂けるはずです。UKニューウェイヴ的なレゲエの解釈などがちゃんとできる稀有なバンドでした。