1983年夏~君に、胸キュン。

君に、胸キュン。
カネボウ83年夏はご存知、YMOの「君に、胸キュン。」(作詞は松本隆)です。82年冬にはキャンペーンソングは無かったので、「赤道小町ドキッ」から4連続テクノ路線を採っている事に時代を感じます。皮肉なことにこの曲のオリコン1位を阻んだのは、松本=細野による松田聖子の「天国のキッス」です。ちなみにカネボウ83年秋は、横浜銀蠅の「おまえに、ピタッ!」。もう一つの80年代を感じます。

1984年春~くちびるヌード

くちびるヌード
YMOの起用で一つのピークを迎えたテクノ化粧品CMソングですが、資生堂84年春は、高見千佳の「くちびるヌード」。これはEPOが作詞・作曲、清水信之が編曲と基本的にシンガーは変わったものの、「う、ふ、ふ、ふ」路線です。中華テクノ歌謡として完成の高いこの曲は、EPO自身が後に「くちびるヌード・咲かせます」としてセルフカヴァーをしています。また、高見千佳は、戸川純・作詞、矢野顕子・作曲、戸田誠司・編曲という豪華な作家陣による「怒涛の恋愛」という名曲も歌っていますね。

次回はついに最終回! まだまだありますお化粧テクノ。

お化粧テクノ(1)~ルージュマジック

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。