前回の「NWofNWを再検証」で終わらなかったので、ネオ・ニューウェイヴを続けます。1999年に日本のニューウェイヴ史上、記念となる出来事が、起こります。

1979年新宿ロフトにて・・・

「DRIVE TO 80's」とういう伝説のニューウェイヴ・イヴェントは、79年の8月28日から9月2日にわたって新宿ロフトで行われました。当時、フリクション、リザード、ミラーズ、Mr. カイトといった東京ロッカーズと呼ばれていたバンドからプラスチックス、ヒカシュー、P-MODELといったテクノポップ勢が集まりました。

DRIVE TO 80's(詳しくはこちらで)

1999年新宿ロフトにて・・・

約20年後の99年の10月25日から31日にかけて「DRIVE TO 2000」というイヴェントが移転した同じく新宿ロフトで行われたのです。私も綿密な計画の下、休暇をとって約1週間続けて生まれて初めてライヴを見ました。もうライヴなんて見ることは出来ないかなぁと思っていた80年代のニューウェイヴと新興90年代ニューウェイヴが一堂に会する世紀のイヴェントとなったわけです。

DRIVE TO 2000(詳しくはこちらで)

参加したのはジャンル的には、ニューウェイヴだけでなくかなり幅がありますが、特にニューウェイヴとネオ・ニューウェイヴという観点でピックアップしますと・・・
いまいち、どちらに入れてもしっくり来ない人とかいますが、まぁこんな感じです。

【80年代ニューウェイヴ】
フィルムス
Virgin VS
ヒカシュー
東京ブラボー
suzuki K1 7.5cc
サエキけんぞう
東京タワーズ
コンクリーツ

【新興ニューウェイヴ】
Hi-Posi
宍戸留美
The Synthsizers
Space Ponch
SPOOZYS
SKYFISHER
Deadcopy
千葉レーダー
Yセツ王+松武秀樹
バケラッタ
Our Hour
QYPTHONE
Jellyfish
Pre Modelo
ゴージャラス with 明和電機
山田冷蔵庫王
Hiwatt Electric
Young 100V


特に、幻の未来志向のテクノポップ・バンド、フィルムスは、ファースト・アルバムのオリジナル・メンバー(赤城忠治、岩崎工、久下恵生、後藤信夫、中原信雄)にアルファ時代の新メンバー(ブラボー小松、鈴木智文、鈴木さえ子)に元タンゴ・ヨーロッパさいとうみわこさんが加わるという豪華の布陣での再結成ライヴをやってくれました。フィルムスって、フューチャーポップのルーツ的バンドだと思います。

フィルムスの謎~赤城忠治さん(All About記事)

京都メトロ(11月3日)と名古屋ELL(12月4日)でもダイジェスト版的イヴェントが開催されました。そう言いながら、私は東京で力を使い果たしたので、京都は断念しました。

DRIVE from 2000

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
DRIVE from 2000
01. Jim O'Rourke: Thanks But No Thanks
02. QYPTHONE: Topology
03. QYPTHONE: Fullcolor
04. Deadcopy: I Like You
05. Deadcopy: メカパンダ
06. バケラッタ: おしゃべりパイン
07. バケラッタ: ロケットでGO!
08. Our Hour: Our Hour Not Dead (Sports 1999)
09. ゴージャラス: Sexybody
10. ゴージャラス: I Want You, Show Me
11. SKYFISHER: 8mm Papa
12. SKYFISHER: Nousaibou No Sainou「脳細胞NO才能」


イヴェントの中心人物でもあったサエキけんぞう氏プロデュースによるオムニバス・アルバム『DRIVE from 2000』も10月21日に発売。何故かテクノ歌謡のアルファ編に熱いコメントを添えていたジム・オルークがSparksのカヴァーをやっています。ジャケは常盤響仕事。

総武線猿紀行 第37回 「僕とDRIVE to 2000」