フューチャーポップについていくつかの記事を書きましたが、それ以前に1998年頃から局部的に盛り上がりを見せ始めたのが、ネオ・ニューウェイヴ。ちょうど、僕自身のサイトがテクノポップやニューウェイヴの総括をめざした時期とも重なるのでこのシーンには目を向けていました。

東京NEW WAVE OF NEW WAVE

東京NEW WAVE OF NEW WAVE '98
01. Polysics: Boogie Technica
02. Spoozys: Human Cyborg Relations
03. Motocompo: 24 Hours On Line
04. SKYFISHER: 8mm Papa
05. Polysics: Which
06. Spoozys: Secret Mission
07. Motocompo: You Think You're A Man.
08. Chicago Bass: Out On Hays 09. Audipop: Butterfly
10. Audipop: Yesterday
11. Spoozys: War Of The Planet
12. Motocompo: DAT1
13. SKYFISHER: Momoiro Talk
14. SKYFISHER: Tokyo Rescue
15. Chicago Bass: Jasmine Tea


ネオ・ニューウェイヴという呼称はそれほど一般的でなかったかもしれませんが、意識するようになったのは、TiNSTAR RECORDSからリリースされたコンピレーション『東京NEW WAVE OF NEW WAVE '98』(1998年)です。帯の文言は、「現在、東京を中心に活動中の新世代テクノ・ニューウェイヴバンドを集めたコンピレーション・アルバム。来るべきシーンがここにある。」であります。その後、世界的にニューウェイヴ・リヴィヴァルとかするわけなんで、先見の明があった言えましょう。インディー精神にあふれるTiNSTAR RECORDSは、あの氣志團を生み出した侮れないレーベルです。後にUK. PROJECTに吸収されたようです。

コンピに収録されていたのは、今も存在する新宿JAMを基点にしていたPOLYSICS、SPOOZYS、Motocompo、SKYFISHER、Chicago Bass、audipop。1997年に始まった新宿JAMでの「マジカル・ニューウェーヴ・ツアー」というのが先駆けと言えましょう。東京ニューウェイヴ・オブ・ニューウェイヴという呼び方も出来ますが、長すぎるので、ネオ・ニューウェイヴにしておきます。フューチャーポップには渋谷のイメージが強いですが、ネオ・ニューウェイヴは新宿系もちょっと入っているかも?

POLYSICS

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
1st P
コンピ参加後、『1st P』にてDEVOを思わせるユニフォームでデビューしたPOLYSICSは海外でも評判が高く、現在もバリバリの現役です。確か、デビューしてまもなくして、脱ニューウェイヴ的、つまり俺たちはロックだという趣旨の発言があったと思います。

Now Is The Time!
今年4月にはカイザーチーフスのサポートアクトとしてイギリスツアーを行い、最新アルバム『Now Is the Time!』(2005年)もアメリカでリリースととてもインターナショナルな活動をしているネオ・ニューウェイヴというシーンからの一番の出世頭と言えましょう。

POLYSICSは、『COOL COVERS~AFTER NEW WAVE』(2003年)にてStyxの「Mr. Roboto」の粋なカヴァーもしています。やはり、サウンドもルックスも、POLYSICSとキャラクターがはっきりと打ち出せているのが勝因ではないでしょうか。

POLYSICS OFFICIAL WEBSITE