怪奇ディスコ・オムニバス

きっと怪奇ディスコを集めたオムニバスとかあるに違いないと調べてみると・・・
怪奇ディスコ・サウンド決定盤
『怪奇ディスコ・サウンド決定盤(All The Hits Of Monster Disco Sounds)』なるLPが、『ソウル・ドラキュラ』で恩恵を受けたテイチクから1976年当時出ていました。ジャケ写つきで紹介した全てのシングル4曲にSweet Exorcistというフランスのバンドが8曲を加えた怪奇ディスコのてんこ盛りアルバムです。Sweet Exocistは、「ソウル・ネッシー」「ディスコ・バンパイヤー」など潔く二番煎じ路線を突走っています。

モンスター・ヒット!

怪奇ディスコは確かに泡沫的な現象、すなわち一発屋的でした。しかし、これは後の大ヒットにも影響を与えた再評価されるべきものです。プッチモニの事を言っているのではありません。「何故そこまで言う?」を思われる方もいるでしょう。

モンスター
1978年はYMO結成の年です。1978年に一番売れたのはピンク・レディーです。そして、1978年の年間トップ3シングルは、1)「UFO」、2)「サウスポー」、3)「モンスター」で独占されました。ピンク・レディー、今から思えば、ディスコ歌謡で、「モンスター」は怪奇ディスコの直系だと考えます。ピンク・レディーの他の楽曲も、「透明人間 」「カメレオン・アーミー」「ピンクの怪人」「パイプの怪人」と怪奇度が高いですね。

もっと凄い、スーパー・モンスター・ヒットは次のページで紹介。