ポップマニアならはまるフェニックス

2004年になって、一番はまっているバンドが、フランスのフェニックス(Phoenix)。フィルターハウスを中心としたフレンチタッチの勃興期であった2000年のファースト・アルバムを当時購入した時、ちゃんと聴いていなかったのか、それほど、はまりませんでした。しかし、あるきっかけで、ファーストを聴きなおしてみると、これは侮れないと・・・やっぱりレコードは聴きこまないと。そして、2004年のセカンド・アルバムで完全にフェニックスの虜となる。どうやら、現時点で日本のフェニックスのファンサイトも存在しないようなので、ディスコグラフィーを中心とした、この記事をもってして、フェニックスのファンサイトとします。

Dior Hommeとフェニックスの関係

豪華な招待状(表)
2004年5月15日(土)にDior Hommeの表参道店オープンを記念して、大井埠頭の某倉庫にてパーティーが行われました。なんと、スペシャル・ライヴはフェニックス。どうして、フェニックスなの? Diorのデザイナーと言えば、ジョン・ガリアノとハイジ・スリマネなのですが、このハイジ・スリマネがフェニックスのアルバム『Alphabetical』でのフォトグラファーとして起用されているのです。所謂、ファッション業界関係者を招待したプライベート・パーティーなのですが、フェニックスの公式サイトと東芝EMIのサイトで、一般抽選枠というのもありまして、それに当たって行ったわけです。招待状には「Do not forget, this is a fashion party : Dress to Kill!)」なんて書いてあり、プレッシャーをかけていましたが、招待客の格好は、カジュアルもかなり多い、いい加減なものでした。セレブ系では、フランソア・モレシャン、ハイパーメディア・クリエイター高城剛さんなどをお見かけしました。僕が知らない有名人が居たかもしれませんが。

豪華な招待状(裏)
じゃ、フェニックスはDior Hommeのスーツでばっちり決めてきたのか? 今頃、グランジ・リヴァイヴァル・・・みすぼらしいニルヴァーナで、おしゃれなフレンチなんてイメージを見事に破壊しました。ヴォーカルのトーマス・マーズ君は、「Hawaii」ロゴ入りのTシャツ着用。ギターのローレン・ブランコウィッツ君は、上下破れまくりのジミー・ペイジ状態。 確信犯と思ったりもするのですが、天然のダサ(かっこい)い人たちなのかもしれない。しかし、『United』リリース後のライブでは、全員黒いスーツ×白いシャツ×黒いネクタイでばっちり決めていたという報告もあり、ますます困惑します。

ジャンルが不明のよれよれながらも、意外としっかりとした演奏のステキなライヴでした。「Too Young」「If I Feel Better」「Everything Is Everything」「Victims Of The Crime」「Run Run Run」「Funky Square Dance」などの代表曲を中心とした満足できる内容(トラックリストを完全に控えた人がいれば、教えてください)。この夜をきっかけに、ますます変な屈折した愛情が生まれました。不思議な愛です。

さて、次のページからはフェニックスのあゆみ。