テクノポップ/テクノポップ関連情報

変なものコレクション~Part 3 日本語で歌う洋楽~第3回(3ページ目)

映画『オースティン・パワーズ』で、ロボト社という架空の日本の会社も作り上げたスティックスの「ミスター・ロボット」。あの大御所からピチカート・ファンまで、日本語洋楽が炸裂の第3回。金返せ!

四方 宏明

執筆者:四方 宏明

テクノポップガイド

ロス出身のサイケ系バンド、ミュージック・エンポリアムのアルバム『Music Emporium』(1969年)に収録の「NAM MYO RENGE KYO」。ローリング・ストーンズ的曲調に木魚ビートで「南無妙法蓮華経~♪」。まぁ、これも日本語か。

UK NEW WAVE Renaissance 2004シリーズとして再発されたザ・スリッツの『The Return Of The Giant Slits』(1981年)は、アフロ・ファンク・ダブ・パンクな実質セカンド・アルバム。80年代に著名グラフィック・デザイナーとなるNeville Brodyのジャケも格好いいし、「Earth Beat(大地の音)」の日本語版を収録。日本語で聴いても、「葉っぱだってゼイゼイ」とか歌詞の意味は不明なんですが、そんな事はいいでしょう。

耽美系ニューウェイヴな世界を追求したレーベル、4ADのオーナー、アイヴォ・ワッツの4ADオールスターズ的プロジェクト、ディス・モータル・コイル(This Motal Coil)。サードにしてラスト・アルバム『Blood』(1991年)には、一部日本語ソング「Bitter」を収録。コウヅ・イクコという日本人が歌っているで、厳密に言うと海外アーティストではないですが・・・

ギターレス・ポップ・トリオ、ベン・フォールズ・ファイヴ(Ben Folds Five)の「金返せ」は、自らの経験を元に奢らせたあげく逃げた女への怨念ソング「Song For The Dumped」の日本語ヴァージョン。元々は英語曲だったのが、日本語化したものらしい。セカンド・アルバム『Whatever And Ever Amen』(1997年)に収録。

意外とあるもんでしょ、日本語ソング。予定していなかった第4回へと続く。

Special thanks to:荒純也さん、ビターさん、egさん、さとるさん、maruさん、zunbaさん

【変なものコレクション】
日本語で歌う洋楽~第1回
日本語で歌う洋楽~第2回
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場でテクノポップの CD・DVD を見るAmazon でテクノポップ関連の商品を見る
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます