gig 20の『International Deejay Gigolos CD TWO』(1998年)では、『エレクトロクラッシュ・ギャルズ』でも紹介したMiss Kittin And The Hackerの『Champagne E.P.』(gig 11)からの収録がされています。他にもクリストファー・ジャストと並んでエレクトロ・リヴァイヴァルを早くからやっていたDMX Krewのクラフトワークのカヴァー「Manekin(Showroom Dammies)」も収録。「僕らはマネキン」と日本語で歌っています。DMX Krewは電気グルーヴの「Pocket Cowboy」のリミックスなんかもしていましたね。全ての12インチ・リリース曲ではありませんが、主要な曲はこのシリーズCDで押さえておけるのが嬉しいですね。

01. Miss Kittin And The Hacker: Uno
02. David Carretta: Neuropolitiks
03. DJ Naughty: All The Boys Look Superchic
04. Dynamic Bass System: Arabian Dreams
05. Dynamic Bass System: Omega Platinum
06. Chris Korda: Sex Is Good (fresh out of dog mix)
07. Chris Korda: Steal Pees
08. DMX Krew: Manekin
09. Miss Kittin And The Hacker: 1982
10. Miss Kittin And The Hacker: Frank Sinatra
11. Anthony 'Shake' Shakir: Soundblaster
12. Christopher Just: I'm A Disco Dancer (DJ Hell Remix)


gig 25は、Chris Korda & The Church Of Euthanasiaのアルバム『Six Billion Humans Can't Be Wrong』(1999年)。Chris Kordaはジャケからも判るような女装趣味の人です。この人は安楽死の教会という組織において人類と残りの生物のバランスを唱えています。本当に狂気の人なのか、逸脱したユーモアなのか? これがジゴロからの最初のアーティスト・アルバムCDとは、ジゴロらしい。

Chris Kordaは、1993年に『Demons In My Head』というアルバムをKevorkian Recordsからリリースしています。な、なんと...1曲入りアルバム。電車の音とかが入っているのですが、アヴァンギャルドな環境音楽として製作したのだろうか? 「SAVE THE PLANET! KILL YOURSELF!」とこの当時から主張しています。

gig 28は、Zombie Nationのアルバム『Leichenschmaus』(1999年)。やはり際立っていいのは、彼らのテーマ曲とも言える「Kernkraft 400」(リミックスも豊富)です。エレクトロクラッシュなレーベル、Erkrankungでヴィデオ・クリップがダウンロードできます。石野卓球、Ladytronなどのリミックス仕事もやっています。WIRE00にも招かれ来日もしてます。

なんか見覚えありますね、彼らのジャケ。そうです、アメリカン・グランジ界大御所として知られるニルヴァーナの超ヒット・アルバム『Never Mind』(1991年)をパロディーしています。エレクトロなニルヴァーナを目指したんでしょうか?

gig 30の『International Deejay Gigolos CD THREE』(1999年)には、もちろんZombie Nationの『Kernkraft 400』が収録されています。よく見ると、ジャケはシュワちゃんらしき人に目隠しが...

01. Ozone Layer: Planetary Deteriotion
02. David Carretta: Futurama
03. Hell & Richard Bartz: 1/2/3/4
04. Trike: Talk Back
05. Chris Korda: Fleshdance
06. Miss kittin And The Hacker: Flexibility
07. Tampopo: Obanimal
08. K Lakklz: Ein Geist gab mir Feuer
09. Elbee Bad: New Age House (Berlin Mix)
10. Terence Fixmer: Electrostatic
11. Zombie Nation: Kernkraft 400
12. Foremost Poets: Moonraker
13. Der Zyklus: Die dammerung von Nanotech