「もじぴったん」やったことありますか?

「ことばのパズル もじぴったん」というゲーム、ご存知の方も多いでしょう。「YMOとゲーム音楽」でもそのテクノポップとの関連が強かったナムコ(現在はバンダイナムコゲームス)から2001年にアーケード版として世の中に出て、その後、2003年にPS2、GBA、2004年にPSP、2007年にDSに移植されました。携帯のアプリにもなっているので、認知度が高いゲームと言えましょう。僕は最近DSでやったのですが、それを娘に言うと、「今頃、何。遅れている」と馬鹿にされてしまいました。

アメリカのボードゲームでSRCABBLE(スクラブル)というのがあります。1948年に生まれたクロスワード・パズルのようにアルファベットの駒をマス目に入れて言葉を作り、得点を競い合うゲームです。「もじぴったん」はさしずめ電脳日本語スクラブルと言えましょう。スクラブルを昔やっていた時、よく口論になりました。その言葉はあるのか、ないのか? だから辞書は必須です。「もじぴったん」では、意外な専門用語があったり、卑猥な言葉がなかったりして、結構教育的配慮がなされています。うーん、「大人のもじぴったん」とかどうでしょう?

もじぴったんうぇぶ

さて、どうして「もじぴったん」の話をしているかというと、このサウンドトラックCDが素晴らしいのです。

capsule、Perfume、「もじぴったん」

ことばのパズル もじぴったん おりじなるさうんどとらっく
2003年にリリースされたのが、『ことばのパズル もじぴったん おりじなるさうんどとらっく』。24曲入りで、PS2版『ことばのパズル もじぴったん』で使われてる全曲が収録されており、「わーずわーずの魔法」「Piacevole!」「ふたりのもじぴったん」などのヴォーカル曲が楽しめます。

両方買う手もありますが、一つに絞るなら、2006年にリリースされた『ことばのパズル もじぴったん大辞典 オリジナル・サウンドトラック』をお勧めします。もともとテクノポップ度が高い2003年に収録されていたヴォーカル曲は、さらにフューチャーポップなアレンジされたリミックス・ヴァージョンになっています。しかも、参加者も豪華。

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
ことばのパズル もじぴったん大辞典 オリジナル・サウンドトラック
01. Hello World
02. smile!smile!
03. バンビーニ
04. その猫の名はアンドレ
05. ポータブル
06. Positive Walkin’
07. cherry
08. モジモジモード
09. Tick up
10. STARS
11. Bedtime Puzzler
12. ふたりのもじぴったん(fine c'est la mix)
13. わーずわーずの魔法(easter egg mix)
14. Piacevole!(PEPPERMIMT mix)
15. All Over the Word
16. on and on
17. 辞典の音楽
18. ステージクリア
19. Congratulations!
20. Sigh on Sunday
21. estrellita*
22. [ai]*
23. paradox*
24. ふたりのぜのぴったん*
25. SE集
*「ゼノサガフリークス」より


アルバムの全体感想から始めましょう。ゲーム音楽ファンは当然、楽しめるアルバムです。でも、このアルバムはゲーム音楽という枠をはるかに超えた秀作です。僕がTower Recordsのバイヤーだったら、capsuleとPerfumeとこのアルバムを置いたフューチャーポップ・コーナーを作ります。別に「もじぴったん」をやったことがなくても、全然気にしなくていいです。ゲームで使われている曲をそのままアルバムにしましたというのではなく、この作品は単独で十分成り立つ内容を備えています。