現在のエレクトロクラッシュに代表されるエレクトロ・リヴァイヴァル運動の発端を作ったのは、DJ HELLが1997年にDisko B傘下に設立したレーベル、International DeeJay Gigolosことジゴロです。でも、Disko Bのサイトのトップでは、「ELECTROCLA$Hクソくらえ」なんて言ってましたけど(無くなったみたい)。ちなみに、ここのON-LINEショップでは12インチも豊富で75EURO以上で日本からのオーダーでも送料が無料です。

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。
(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)

DJ HELLがV2から1998年に(日本では1999年)リリースしたアルバム『MUNICH MACHINE(華麗なる賭け)』。インナーにはHELLの半生が写真と共に綴られています。(以下、要約)HELLは20歳でグランプリレーサーとしてデビューを果たすが、大クラッシュを引き起こして、レース界を永久追放される。その後、音楽英才教育を7年間受けるが、泣かず飛ばず。しかし、HELLは残された唯一の道、DJとして大成功を収める。要は、HELLは手の込んだジョークが好きなんです。

HELLの本名は、Helmut Geier。1962年生まれだから、もう40歳くらいのニューウェイヴ世代。アルバム『Fuse』(2000年)は、ジゴロなどの今風エレクトロとSparks、Liason Dangereuses、Frankie Goes To Hollywoodなどのニューウェイヴを融合させた、HELLらしい温故知新的ミックス・アルバム。

これは、ReactというレーベルからリリースされたDJ HELLのミックス・アルバム『ELECTRONICBODY-HOUSEMUSIC』(2002年)。CD1は、HELL曰く「ディスコ・ミニマルでヴォーカル主体だけれどラジオではかからない新しいハウスの方向」であるエレクトロニック・ハウス系。CD2は、新旧取り混ぜたEMB(エレクトリック・ボディー・ミュージック)系です。

では、ジゴロからのリリースを通し番号に従って紹介しましょう。

通し番号gig 10としてリリースされたジゴロからの最初のレーベル・オムニバス『International DeeJay Gigolos CD ONE』(1997年)です。ジゴロのリリースの8割ぐらいは12インチですが、これが初めてのCD。ジャケは後に問題を起こすシュワちゃんです。エレクトロ・リヴァイヴァルの初期代表曲ともいえるクリストファー・ジャストの「I'm A Disco Dancer」(gig 04)やクラフトワークのカヴァー「Boing Bum Tschag」を収録。

01. DJ Naughty: Gigolo Style
02. DJ Naughty: Rock Das Haus
03. David Carretta: Les Coloquinetes
04. Chris Korda: Save The Planet, Kill Yourself
05. Christopher Just: I'm A Disco Dancer
06. Rok Jonzon: Sequential Polka
07. Jeff Mills: Theme From 2000
08. Jeff Mills: The Sun
09. DJ Naughty: Boing Bum Tschag
10. David Carretta: Innerwood