インターネットの商業的活用方法として革命的なのが、リサーチ機能です。従来、時間とお金がかかったリサーチが、ネットを通じてより簡便にかつインターアクティヴに行なえるようになりました。廃盤の復刻や廃本の復刊といった、ある程度の購入者数の予測が必要な活動に対してより有効に利用される事を切に望みます。既に存在している文化的財産を再生させるためにも、現在再発企画をしているサイトの再発進捗状況を報告します。もちろん、テクノポップ・ガイドとしての使命感を持って。(えらい、硬い文章になってしもうた!)

洋楽秘宝館
New Musikのファースト・アルバム『From A To B』、Bruce Woolley & The Camera Clubの唯一の正式リリース『English Garden』等のモダン~テクノポップの再発をしてくれたソニーの洋楽秘宝館ですが、このところAOR中心のリリースでテクノポップ・ファンにはちょっと停滞ぎみでしたが、遂にリクエストの1位に輝いたNew Musikの『WARP』(写真左;ボーナストラック5曲追加で待望の世界初CD化!)と2位の『Anywhere』(ボーナストラック『While You Wait』は日本盤CDのみ収録)を12月19日に再発してくれます。ライナーノーツは、最近改訂版が出たテクノのバイブル『電子音楽 in JAPAN』の著者でもある、New Musikファンとして知られる田中雄二。

だだ、現在New Musikに続く注目すべきテクノポップ系タイトルがリクエスト上位には、ありません。G.I. Orangeのアルバム『Psychic Magic』(写真左)はCBSソニーが元々リリースしていたので僕もリクエストしたのですが、残念ながらリリース不可(版権等の問題によるものでしょう)らしいです。ソニーはテクノポップ~テクノ歌謡系の邦楽音源も多く所有しているはずなので、ぜひ邦楽秘宝館もお願いしたいですね。高橋幸宏プロデュースのスーザンのファースト『魔法を信じるかい?』&セカンド『恋せよ乙女』なんかね。