現実と錯覚する、驚くほどの高音質


R-09HRに限らずとも、これらリニアPCMレコーダーは、触れたことのない人にとっては、かなり驚く機材です。OLYMPUSのVoiceTrekシリーズなど、会議録音用のICレコーダーを使った経験のある方は多いと思いますが、それらとはまったく異なる次元のレコーダーだからです。

試しに、R-09HRにヘッドホンをつけて、家の中や屋外において録音をスタートさせてみてください。周囲の音がヘッドホンをR-09HRそしてヘッドホンを介して聴こえてくるはずです。入力音量を大きくすると、普段はほとんど気にならない時計の針の音、パソコンのファンの音、また外では鳥の声やジェット機の音などいろいろと聴こえてきます。

そして、その音をそのまま録音すると、聴こえたまさにそのままの音で記録することができます。そしてその環境のまま再生すると、現実の音と、いま録った音の差がまったく分からないほどです。

たとえば野外でとった音を、家の中で再生すると、クルマの音や鳥の声などが、ドキっとするほどリアルに聴こえます。後ろに本当にクルマが来ているのではないかと振り返ってしまうでしょう。

2GBのSDカードに24bit/96kHzで55分収録可能


EDIROL R-09HR
本体に入れるSDカードに録音データを記録する。大容量のSDHCにも対応している。
このR-09HR、24bit/96kHzのWAVファイルだけでなく、24bit/48kHz、16bit/48kHz、またCDと同等のクォリティーの16bit/44.1kHzなどを選択することができるともに、MP3での録音も可能です。MP3の場合、ビットレートとして64kbps、96kbps、128kbps、160kbps、192kbps、224kbps、320kbpsから選択することが可能となっています。

単に会議を録音したいという目的であればMP3を使ってもいいですが、リアルに音を残したいというのであれば、やはりWAVファイルを使いたいところです。気になるのは、WAVファイルでどの程度の時間の録音ができるかでしょう。

R-09HRはSDカードに録音をする形になっているのですが、もし最高品質の24bit/96kHzというのであれば2GBのSDカードで、約55分、4GBのSDカードなら約110分となります。このSDカードの価格、メーカーやお店にもよりますが、価格はどんどん下がってきており、2008年3月現在、安いところなら2GBのものが1200円程度、4GBのSDHCカードでも3000円弱で販売されていますから、結構気軽に高品質な音でのレコーディングが楽しめます。