ひらゆの森は、幽玄な雪見露天風呂
名物のカルビ丼も!

ひらゆの森 露天風呂
ひらゆの森 露天風呂。夜は照明が落とされ、夜の闇と雪景色で幽玄な雰囲気。営業時間が長いので閉店まで漫喫したい。※写真はクリックで拡大。
ひらゆの森は、ガイドが昔から大好きな温泉です。その理由は当然お湯の良さ。平湯温泉には、重炭酸土類泉と、硫黄泉がありますが、ひらゆの森は硫黄泉がメイン。露天風呂が多数点在しており、お湯の温度が少しづつ異なります。寒い冬の露天風呂であれば、湯船の温度を保つ為に、大量の源泉が投入されると期待されるので、その意味でもお勧めなのです。

ガイドが一番好きな湯船は、一番奥の一番上にある、一番熱い湯船。ここの湯口付近の、むせかえる程強い硫黄臭がたまらなく好きなのです。強いだけでなく、有機的な深いコクを感じさせる硫黄臭は、まさに絶品。硫黄泉好きにとっては、至玉の名湯と断言出来ます。

ひらゆの森 休憩所
飛騨地方の伝統建築が美しい館内。無料休憩所も完備。
ひらゆの森はしばらく前に、内湯も休憩所も拡張され、一層過ごし易い施設になりました。営業時間も長いので、閉店までじっくり堪能するのがお勧めです。山岳地帯ともいえる立地のため、付近には夜も営業している、コンビニエンスストアや食堂はありません。よって、夜は昼間以上に利用価値が高く感じられる施設です。

ひらゆの森 カルビ丼
奥の食事処でカルビ丼を是非!一度食べたら絶対にクセになる、知る人ぞ知る隠れた名物。
以前、温泉巡りに熱中し過ぎて、夕食を取るタイミングを失い、ひらゆの森でカルビ丼を食べました。これが恐るべき旨さなのです。あまりにも旨いので、お代わりしたい程ですが、ドンブリ飯二杯というのも恥ずかしいので、帰りの運転を妻にまかせて生ビールを注文しました。それ以来、ひらゆの森に行くと、カルビ丼と生ビールを必ず注文するようになりました。みなさんも、是非一度試してみて下さい。絶対にクセになると思います。

■交通アクセス情報
  • 奥飛騨温泉郷 平湯温泉 ひらゆの森
  • 住所 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1
  • 電話 0578-89-3338
  • 日帰り入浴 10:00~21:00 500円
  • 中央道高井戸ICから車で約3時間30分
  • Yahoo!地図
→次ページでは、白骨温泉で雪見に向いたあの宿を紹介します!>>>