大小(Sic Bo/骰寶)

画像をクリックして拡大。テーブルの盤面。数字(1~7)はチップの置き方の例で、下の表とリンクしています

画像をクリックして拡大。テーブルの盤面。数字(1~7)はチップの置き方の例で、下の表とリンクしています

サイコロの出目を確認するディーラー(c) City of Dreams

サイコロの出目を確認するディーラー(c) City of Dreams

サイコロ3つの出目の合計数を予測するというシンプルでわかりやすいゲーム。初心者なら3つのサイコロの合計数が11~17の「大」か、4~10の「小」を予想して賭けるやり方が馴染みやすいですが、実は他にもいろいろな掛け方があり奥が深いのも、大小がマカオで人気のある理由でしょう。

ディーラーが3つのサイコロが入ったボックスにカバーをかぶせてサイコロを振ります(全自動の場合がほとんどですが……)。プレーヤーが結果を予想してテーブルに賭け終えると、ディーラーが賭け(ベット)終了のベルを「チン」と鳴らす。

 

画像をクリックして拡大。チップの置き方。上の写真にある丸囲み数字に対応

画像をクリックして拡大。チップの置き方。上の写真にある丸囲み数字に対応

その後、サイコロボックスのカバーをはずして出目を見ます。当たれば配当があり、はずしたら全額没収。3つのサイコロの合計数が4~10の小、11~17の大の2択に賭けるのが一番シンプルですが、その他、ぞろ目、奇数、偶数に賭けるなどしてギャンブル性を楽しめます。慣れてきて、テーブルに書かれた内容を理解できるようになれば、いろいろな賭け方にチャレンジしてみるのもいいかも。