食事は観劇の楽しみの一つです。
歌舞伎座でも国立劇場でも新橋演舞場でも、幕の内にサンドイッチ、そば等の和食と弁当は各種そろっており、劇場内の食堂も、和洋様々で迷うところです。

で、歌舞伎座の場合。
3階や1階の蕎麦屋で軽くというパターンか、たまには豪華に吉兆か!残念ながら筆者、吉兆はまだお邪魔したことがございません! 3階のカレー店では野菜や果物の入ったフレッシュジュース(400円)が新発売。1階売店脇の喫茶のサンドイッチと珈琲は、シンプルなメニューですが本格派。

さてご存知かと思いますが、歌舞伎座の場合、チケットを入り口で見せれば出入りは基本的に自由なので、幕間にちょっと劇場を抜け出して付近の名物をいただく、という手があります。

歌舞伎座に向かって右・晴海方面に少しいくと喫茶YOU。ここのオムライスがおいしいです。オムライスファンはぜひ一度お験しを。映画『タンポポ』に出てきたようなトマトケチャップ味のライスにふわりとタマゴが乗っているタイプのオムレツです。

さらに隣の中華料理店のランチはボリューム満点で幕間時間に食べきれないかも。初夏はやはり本格派の冷やし中華がおすすめです。他、文明堂宮城野(蕎麦)、茜屋珈琲店、パスタのTo The Herbsも。ご存知奥村書店そばのインドレストランのナイルレストラン、またリーズナブルなカフェがこの近辺にもかなり進出しています。銀座1丁目付近にはスターバックスが2軒、プロント、ドトール、TRUNK、昭和通り沿いに元ルノアールがニューヨーカーズカフェに。歌舞伎座正面左横の、昭和通りと晴海通りの交差点のビル一階は、過去いろいろな店舗が入りましたが、今月からプロントが入りました。開場すると歌舞伎座隣のも混むので、待ち合わせや銀座方面から来る方はこちらが便利かも。ハーブ入りクッキーがおすすめ。

筆者の毎月の観劇パターンとしては、デパ地下でおいしげなものとミニペットボトルのお茶を買い、(最近は松屋地下の浅野屋というパン屋のサンドイッチとスコーンが気に入ってます。缶飲料だと飲んでいる途中の始末に困りますので。やはり劇場内の飲料は多少割高なので、お弁当派なら外で買ってもって入るのがお勧めです) 最初の幕間で自分の座席か劇場各階に設けられている休憩用の椅子でいただき、次の幕間で1階売店のアイスモナカか人形焼、あるいは2階で和風甘味をいただく、というコースでしょうか。家族へのお土産にきんつばや仕事帰りだと缶ビールもいいですね。豆かんが置いてあればそれもお勧めです。
みなさんのおすすめデパ地下メニューはなんでしょうか。

晴海通りを渡って向かい側には弁松のお弁当。煮物が上品なお味でいけます。他にも周辺にはお寿司系の弁当店が多く、開場の時間帯には人だかりがしています。


さて、今月、来月の歌舞伎座、食事はどこにします?




(筆者の居住地の関係でどうしても歌舞伎座近辺の話題が中心になりますが、御園座、松竹座、南座、博多座など、「ここがお勧めの店」「デパ地下メニューはこれが好き」などのオススメ情報ありましたら、kabuki@im.allabout.co.jp まで、ぜひお寄せ下さい)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。