各地で異常気象などが頻発し、地球環境問題は、今やみんなが意識しなくてはいけない時代になってきました。温暖化や環境汚染などにもっと意識的になるための、おすすめの映画ベスト5を選んでみました。

第5位:エリン・ブロコビッチ

エリン・ブロコビッチの画像
『エリン・ブロコビッチ』で個人で行動する勇気を学びたい
ジュリア・ロバーツがアカデミー賞主演女優賞を受賞した実話の映画化作品。無職のシングル・マザーが、大企業の環境汚染問題を探り出し、病に苦しむ住民たちが集団訴訟に持ち込めるように努力します。その結果、全米史上最高額の和解金を勝ち取るという、爽快なサクセス・ストーリーです。

楽しく見れる映画ですが、地球環境問題に対する個人の力は、決して小さくないことを教えてくれます。初めはたった一人でも、大きな結果をもたらすことだってできるのです。

エリンは、離婚暦3回で失業中の普通の人。そんな彼女が、利益優先の大企業の向こうを張って環境汚染を止め、人々を苦しみから開放するというのは痛快です。私たちも、環境問題や温暖化に対して、いつまでも無関心であっていいのだろうか、考えさせられますね。

第4位:デイ・アフター・トゥモロー

デイ・アフター・トゥモローの画像
温暖化が進むと、気候の変化は急激に変わる
環境問題を提起した映画としては、最大のヒットを記録したローランド・エメルッヒ監督のパニック大作映画です。このまま温暖化が進めば、必ず起こるとされている地球崩壊を、CGを駆使してリアルな世界として描いています。巨大な竜巻や高波、寒冷化が一気に地球を襲ってくる映像は、危機を煽ります。

映画自体は娯楽作の枠から出ていませんが、実際に起こりうる環境問題を取り上げているという面で評価できます。経済利益優先で、京都議定書にサインをしなかった唯一の国である全米で2億ドル近くまでヒットしたのは、皮肉なことですが。

LAが破壊されるシーンが、2005年のMTVアクショーン・シーンを受賞しました。人間には、栄えているものが破壊されるのを見ると、快感を感じる習性があるのでしょうか? この映画の続きも気になります。人間は一体その先どうなるのでしょうか?


次ページでは第3位発表!