膨大な数の西部劇から10本をチョイス!

ジャンル別オールタイムのベスト10、今回は血沸き肉踊る西部劇(ウエスタン映画)です。

膨大な数の西部劇の中から10本をチョイスするので、南北戦争に絡む『風と共に去りぬ』やメキシコ革命を主題にしたもの、また西部を舞台にしたミュージカル、コメディ映画は除外しています。イタリア製マカロニ・ウェスタンからは代表作1本、その他の国(アメリカ映画以外)のウエスタン調作品もと思いましたが、入れ込む余地のない傑作揃いの10本です。

※初期のハリウッド映画では白人開拓者が善として描かれ「インディアン」がしばしば敵役として登場することがありますが、西部劇のインディアンはアメリカの先住民族のことで、現代では、ネイティブアメリカンとして英雄視されるようになってきています。往年の西部劇をご覧になられて、誤ったイメージを刷り込まぬようにご注意ください。

では、ベスト10のトップはニューシネマの傑作西部劇から。


1. ロマンティックな青春西部劇『明日に向って撃て!』

軽妙な音楽と大胆な演出による新感覚ウエスタンです。1890年代の二人組のギャング、ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドは、列車強盗に成功するも追跡隊に追われるはめになり、南米ボリビアへサンダンスの恋人エッタを連れて高飛びし、そこでまたまた荒稼ぎをはじめるのです……。

余談ですが、俳優・映画監督のロバート・レッドフォードがインディペンデント映画を対象に「ユタ・US映画祭」として始めた「サンダンス映画祭(Sundance Film Festival)」の命名は本作の役名からです。

[作品紹介]
・1969年/アメリカ映画/上映時間:112min
・監督:ジョージ・ロイ・ヒル
・出演:ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、キャサリン・ロス


2. 最後の西部劇監督と言われたサム・ペキンパーの最高作
『ワイルドバンチ』

パイクをリーダーとした5人組の強盗団がメキシコに逃走中、アパッチ将軍一団の略奪を目撃、アパッチは米軍の武器輸送列車から武器を強奪すれば1万ドルを提供しようとパイクたちに持ちかけるのですが、アパッチに金を払う意志などなくパイクらを利用しただけだったのです。

そして両者の壮絶な対決へ雪崩れこみます。スローモーションを駆使した有名なラストの銃撃戦は後のバイオレンス映画にも絶大な影響を与え「血のバレエ」とも呼ばれました。暴力描写を美にまで昇華させた、ただものではない西部劇の傑作です。

[作品紹介]
・1969年/アメリカ映画/上映時間:137min
・監督:サム・ペキンパー
・出演:ウィリアム・ホールデン、アーネスト・ボーグナイン、ロバート・ライアン、ウォーレン・オーツ、ベン・ジョンソン


3. マカロニ・ウエスタンの代表作『夕陽のガンマン』

ニューメキシコを舞台に、おたずね者を殺す賞金稼ぎの腕のたつガンマン二人が協力して2万ドルの賞金のかかった脱獄囚と戦います。

マカロニ・ウェスタン(命名は映画評論家の淀川さん)は、1960年代~1970年代前半に作られたイタリア製西部劇で、それまで西部劇といばハリウッドの独壇場でしたが、突如量産されたイタリア製西部劇には開拓精神はなく、残虐な刺激を売り物にその乾いたタッチに秀作も何本か作られました。黒澤明監督の『用心棒』を1872年のニューメキシコに舞台を移した『荒野の用心棒』から日本でも続々と公開されました。

[作品紹介]
・1965年/イタリア=スペイン映画/上映時間:132min
・監督:セルジオ・レオーネ
・出演:クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、ジャン・マリア・ヴォロンテ、クラウス・キンスキー


4. 黒澤明の「七人の侍」を西部劇に翻案した『荒野の七人』

『七人の侍』の舞台をメキシコに移し映画化した西部劇の傑作の1本! メキシコの寒村イストラカンは毎年野盗に襲われていました。そこで村人は助っ人を雇うことに。一人たったの20ドルの報酬でしたが村人の熱意に打たれて七人のガンマンが集まります。

早撃ちのリーダーにユル・ブリンナー。クールなナイフ使いにジェームズ・コバーン。そしてショットガンの名手のスティーブ・マックイーンのカッコイイこと! 本作のヒットにより『続・荒野の七人』、『新・荒野の七人』が製作されました。

[作品紹介]
・1960年/アメリカ映画/上映時間:128min
・監督:ジョン・スタージェス
・出演:ユル・ブリンナー、スティーヴ・マックィーン、チャールズ・ブロンソン、ジェームズ・コバーン、ロバート・ヴォーン


5. 歌あり恋ありアクションありの痛快西部劇『リオ・ブラボー』

メキシコ国境近いテキサスの町リオ・ブラボーを舞台に描いたハワード・ホークス監督による西部劇史上の名作の1本。

保安官のチャンス(ジョン・ウェイン)が殺人犯ジョーを逮捕すると、ジョーの兄で、その町のボスが多勢でやってきてジョーの引渡しを要求。チャンスはアルコール依存のデュード(ディーン・マーティン)と、足の悪い老人、幌馬車隊の護衛や女賭博師を味方につけて戦うことになります。少人数の仲間が連携して優性な敵に立ち向かう姿が感動的です!

[作品紹介]
・1959年/アメリカ映画/上映時間:135min
・監督:ハワード・ホークス
・出演:ジョン・ウェイン、ディーン・マーティン、リッキー・ネルソン、アンジー・ディキンソン


6. 西部に名高いワイアット・アープとドク・ホリデイの友情
『OK牧場の決斗』

ガッツ石松さんが盛んに使うギャグ「OK牧場!」は、当然本作から(笑)。

この後にご紹介するジョン・フォード監督の『荒野の決闘』と同様、ワイアット・アープ、ドク・ホリディとクラントン一家の決闘を描く本作は、ダイナミックなアクションが見ものの秀作です。

[作品紹介]
・1957年/アメリカ映画/上映時間:122min
・監督:ジョン・スタージェス
・出演:バート・ランカスター、カーク・ダグラス、ロンダ・フレミング、リー・ヴァン・クリーフ


7. シェーン! カムバック『シェーン』

西部劇お決まりの馬での疾走や決闘よりも、ファミリードラマと言ってしまってもいいほど、一般的な親子とシェーンのドラマが丁寧に描かれています。

主題歌「遥かなる山の呼び声」をバックに映し出される1890年のワイオミングの雄大な自然を舞台に、そこに現れた一人の流れ者シェーンが、開拓民の家にとどまることになり、悪徳牧畜業者の手先を倒し、家族に平和が戻ると去ってゆくのでした。

[作品紹介]
・1953年/アメリカ映画/上映時間:118min
・監督:ジョージ・スティーヴンス
・出演:アラン・ラッド、ヴァン・ヘフリン、ジーン・アーサー、ブランドン・デ・ワイルド


8. 「ハイヌーン」のメロディと共に甦るヒューマン西部ドラマ
『真昼の決闘』

悪党と戦う保安官には自信がなく、人の助けを求めるという異色の設定。保安官も人の子、怖いこともあるのです。

本作は10時40分から、1対4の決闘シーンまでの80分を、現実の時間の経過と共に描かれ、時を刻む緊張感は白眉。本作でゲーリー・クーパーは2度目のオスカーに輝きました。

[作品紹介]
・1952年/アメリカ映画/上映時間:84min
・監督:フレッド・ジンネマン
・出演:ゲイリー・クーパー、グレイス・ケリー、トーマス・ミッチェル、ロイド・ブリッジス


9. いとしのクレメンタイン『荒野の決闘』

実在の人物ワイアット・アープとドク・ホリディが、クラントン一家と対決する物語。

ワイアットは兄弟と共に数千頭の牛をカリフォルニアに売りに出かけます。途中のアリゾナで牛を見張っていた末弟が殺され、牛がそっくり盗まれてしまいます。ワイアットは犯人は近くに住むクラントン一家だと目星はついており、犯人をあげる機会を狙います……。

劇中、ドク・ホリディの婚約者クレメンタインという名の女性が登場、原題の「いとしのクレメンタイン」はテーマ曲として使われている民謡の題名。

[作品紹介]
・1946年/アメリカ映画/上映時間:97min
・監督:ジョン・フォード
・出演:ヘンリー・フォンダ、リンダ・ダーネル、ヴィクター・マチュア、キャシー・ダウンズ


10. 疾走する駅馬車を描いたウエスタンの代表作『駅馬車』

1985年アリゾナのトロントからニューメキシコまで9人の乗客をのせ大平原を進む駅馬車。途中アパッチ・ウエルズに到着するのですが、アパッチ・インディアンの白煙を見てあわてて出発。ほっとしたのも束の間、毒矢が飛んできて乗客の一人に命中。怒涛のアパッチの来襲! さて乗客の運命は? 

全編のアクションと詩情溢れた初期の西部劇の代表作として永遠に語り継がれる一篇です。

[作品紹介]
・1939年/アメリカ映画/上映時間:99min
・監督:ジョン・フォード
・出演:ジョン・ウェイン、トーマス・ミッチェル、クレア・トレヴァー



その他、10選時に悩みに悩んだ作品は、ジェニファー・ジョーンズ、グレゴリー・ペック主演の『白昼の決闘』、ウィリアム・ワイラー監督の『大いなる西部』、ジョン・ウェイン主演の『リバティ・バランスを射った男』、ヘンリー・フォンダとジョン・ウェイン共演の『西部開拓史』、リチャード・ウィドマーク主演の『シャイアン』、またまたジョン・ウェイン主演の『勇気ある追跡』、マカロニウェスタンから『荒野の用心棒』、『荒野の1ドル銀貨』、ケビン・コスナー監督・主演の『ダンス・ウィズ・ウルブス』、クリント・イーストウッド監督・主演の『許されざる者』 を「MORE10」として挙げておきます。



【関連記事】
ジョン・ウェイン 生誕100年

オールタイム・ジャンル別セレクト10
真冬でも観たいイチオシのホラー映画10選
事実は小説より奇なり「記録映画10選」
ハッピー!最高!「ミュージカル映画10選」
恋愛映画のベスト10(セレクト総集編)
怪人・モンスター映画のセレクト10

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。