戦後日本の芸能を支えた「ナベ」

画像の代替テキスト
にしおかすみこのDVD『あたしだよ!!』(ビクター)
昨年ブレイクした、意外と苦労人な女芸人。「かくし芸」でもガンバってました
今回のWEEKENDERは鍋特集ということで、各ガイドの皆さんが様々な鍋についての情報をお伝えしてきましたが、ここお笑い・バラエティのジャンルでナベと言えば、やはり歴史と実績を誇るナベプロこと、渡辺プロダクションをおいて他に考えられません(キッパリ)。

いわずと知れた、もっとも歴史と実績を誇る芸能プロダクションですが、ここ最近は特にバラエティの分野に次々と逸材を輩出して、新たな時代を切り開いています。そんなナベプロについて、新年早々、じっくりコトコトと考えてみたいと思います。

まずは基本知識から

株式会社渡辺プロダクションは、戦後芸能史を語る上では欠かすことのできない芸能事務所ですが、現在は12社1財団を統括する持株会社として存在し、タレントマネージメントは主にワタナベ・エンターテインメントが担当しているそうです。

昨年は、ナベプロの代表タレントであったクレージーキャッツ・植木等の死去というショッキングな出来事がありました。その一方で、にしおかすみこ、ギャル曽根、中川翔子など順調に若手が育っているのは、ナベプロの先進性が今も健在であることを示しています。

しかも、この3人が凄いのは、いずれも新たなジャンルを切り開いてメジャーになったということ。彼女たちの活躍でバラエティの領域が、いっそう広がりを見せたことは間違いないでしょう。こうした快進撃の源は、いったいどこにあるのか?

次のページでは、そんなナベプロの牽引車といえば……。