「タイアップ」って言っても、いろいろあるけど

 
CM関連の情報なら世間にあふれてますが……(CM NOW9月号)
半世紀を越える民放の歴史は、同時にテレビCMの歴史でもありました。しかし、その陰に隠れながらも同じ時を重ねてきたのが「タイアップ・パブリシティ」です。その知られざる歴史を、かけ足ながら辿っていきます。

放送業界の中で、もっとも典型的なタイアップは、番組主題歌やCMソングに、人気アーティストの新曲を起用することでしょう。また、バラエティ番組などで、クイズやゲームの賞品として、その商品を紹介するという手法も昔から受け継がれています。

あと最近目立つのは、食べ物系。ロケ中心のグルメ番組はタイアップ無しでは成立しません。トーク番組にゲストが持ってくるお土産や、お茶請けに出されるお菓子も、出演者が美味しそうに食べることで、立派な宣伝効果が生まれます。

目立つものと、さり気ないもの


ただ、そういった誰の目にも明らかなタイアップとは違い、さり気なく画面上に登場して視聴者の目を惹くタイアップもあります。代表的なものは番組出演者が身に付けてる衣装やアクセサリーでしょう。特にドラマのヒロインが着ているドレスは印象的に映ることもあって、放送後に問い合わせが頻繁に来るとか。

土日の午後によく放送されている、海外ロケ番組も立派なタイアップ番組です。綺麗な景色や、美味しそうな地元の名産品を見て、一度行ってみたいなあと思わせたら、撮影に協力した地元観光局や航空会社にとって、してやったりというところでしょう。

こうしたタイアップの存在を確認したい場合には、番組の終了間際に流れるエンドロールが最適です。中には動体視力のトレーニングかと思うくらいに、高速で流れ去るものもありますが(笑)。

エンドロールのさらに終わり近くに登場する「美術協力」「衣装協力」の項目に記されている企業名が、番組のタイアップ先です。テレビを見ていて気になる商品が出てきたら、まずここをチェックしてみてください。

お次は、タイアップに見るテレビ番組の歴史