のっけから残念なお知らせですが

画像の代替テキスト
やりすぎコージーDVD3 夏のモンロー祭り(1)
※テレビではお目にかかれなくなった企画も、DVDでは健在。あのシーンを再びという方に。
いわゆる「お色気番組」は、地上波キー局において絶滅状態にあります。古くは「11PM」「TV海賊チャンネル」、一瞬の輝きを放った伝説の「A女E女」など、当時の思春期少年の脳裏に強く焼き付けられた番組がありました。

そういったお色気番組の伝統も「トゥナイト2」「ギルガメッシュナイト」の終焉とともに立ち消えに。原因は「政治の介入」に他なりません。ただ、こうした番組が消えたことで、青少年の犯罪が減少したという話は一向に聞きませんが。

しかし「お色気番組」は消滅の危機を迎えても、厳しい監視の目をかいくぐり、バラエティ番組の中にしぶとく生き残っています。それが深夜バラエティ内「お色気コーナー」と単発の「お色気企画」です。というわけで、こちらではテレビ番組表だけからは分からない、深夜の「お色気」要素を紹介しましょう。

意外? 妥当? テレビ東京強し

深夜の「お色気」をチェックしていくと、その大半がテレビ東京系列ということに驚いてしまいます。「ギルガメッシュ」が青春だった層の方は「妥当だろ」と思われるかもしれませんが、上層部がお色気にいちばんうるさいのがテレ東なんですね。

一時期、AV女優をフィーチャリングした「モンロー祭り」企画で、絶大な支持を獲得していた「やりすぎコージー」も、何度か打ち切りの危機を迎えるほど、強い圧力がかかったとか。現在は「都市伝説」や「天王洲猥談」など、語りでお色気を感じさせる方向にシフト。それでも、「無駄に華やか」なやりすぎガールを眺めてるだけで、目の保養になるでしょう。

それに変わって、いまいちばん注目を集めてるのは、同じテレ東の「ゴッドタン」でしょう。劇団ひとり、おぎやはぎをレギュラーに毎回個性の強い芸人が登場し、それ以上に破天荒な週代わりの企画で暴れまくってます。中でも番組の顔とでも言うべき代表的企画が……。


そう、あれなんです