渋温泉とは

伝統的な温泉街の風情が素晴らしい渋温泉

伝統的な温泉街の風情が素晴らしい渋温泉

渋温泉は長野市からも近く、隣接する9つの温泉地を合わせ、湯田中渋温泉郷を形成している、長野県を代表する温泉地の一つです。伝統的な温泉街の風情が楽しめ、宿泊だけでなく買い物や食事も楽く、宿泊者は共同湯巡りも楽しめます。理想的な温泉地を絵に描いたような温泉街は、温泉列島ニッポンでも、大変に貴重な存在。ここでは山ノ内町の渋温泉を紹介します(長野県には蓼科(茅野市)にも渋温泉がありますので、ご注意願います)。

渋温泉の源泉、泉質

大湯共同湯上の足湯は鉄分で濁った色

大湯共同湯上の足湯は鉄分で濁った色

渋温泉の源泉は、主に地獄谷温泉に行く途中の山中にあり、そこからの引き湯の他に、温泉街で湧いている独自の源泉もあります。よって、お湯は宿や共同湯によって異なり、湯の違いを楽しめる温泉地です。

基本的には熱い透明な食塩泉ですが、中には、鉄分や硫黄分を含んだ湯もあり、褐色の濁り湯や、白い湯の花が舞う湯もあります。