宝塚ファンの方ならきっとお持ちでしょう、「宝塚おとめ」。
宝塚歌劇団生徒全員の写真とプロフィールが掲載されているB5サイズのムックで、毎年4月に発行されます。

写真は、黒の紋付を着た上半身のカラー写真。研8以上の生徒は、プロマイド用の扮装写真も載っています。

クリックすると購入ページへ飛びます
2010年度版 表紙:花組 真飛 聖
(C)阪急コミュニケーションズ 

プロフィール項目は15個。

  • 誕生日 
  • 出身地 
  • 出身学校 
  • 身長 
  • 初舞台 
  • 好きだった役 
  • 演じてみたい役 
  • 趣味 
  • 集めている品 
  • 好きな花 
  • 好きな色 
  • 好きな食べ物 
  • 特技(名取名) 
  • 芸名の由来または名付け親 
  • 愛称

です。

掲載は専科から始まり、花月雪星宙の順番。
一人一人の大きさは、研8までが1ページを上下に半分ずつで2名。研7から研5は1ページに4名、研4以下は6名となっています。
組内の掲載順は学年順。なので、トップ娘役でも小さな写真の場合があります。
同期内は成績順。試験の成績がここにも反映されます。

巻末にはトップコンビの私服でのカラー写真が掲載され、ページのあちらこちらに、チケットの購入方法をはじめとする情報も掲載されています。

「宝塚おとめ」の創刊は1938年。長年にわたり愛用されている理由の一つに“変わらないよさ”を揚げることができます。白黒がカラー写真に変わったぐらいで、ページの配分から15項目に至るまで、何十年と同じです。
そこに、ファンの方々は愛着を感じるのでしょう。


「宝塚おとめ」の表紙を飾るのはトップスター。まさに、その年の宝塚歌劇団の顔というわけです。

では、表紙を飾った歴代のトップスターを、1975年度版からご紹介しましょう。