雪組トップスター・朝海ひかるさんが、Musical『堕天使の涙』/レビュー・アラベスク『タランテラ!』の東京宝塚劇場千秋楽(12月24日)にて退団することが、5月23日発表されました。

また娘役トップ・舞風りらさんも同公演にて退団することが6月1日に発表されました。

コムちゃんこと朝海ひかるさんは 1991年、月組『ベルサイユのばら~オスカル編~』で初舞台。
その後、花組、宙組、雪組を経て、2002年 『再会』『華麗なる千拍子2002』(全国ツアー)より、絵麻緒ゆうさんの後任として雪組トップスターに。

まーちゃんこと舞風りらさんは、1995年、星組『国境のない地図』で初舞台。
花組を経て、紺野まひるさんの後任として、朝海ひかるさんと同時に雪組トップ娘役に。

朝海ひかる略歴/主な舞台歴

1991年 月組『ベルサイユのばら~オスカル編~』で初舞台
1992年 花組に配属
1994年 ロンドン公演に参加
   
1998年 宙組に組替え
  香港公演に参加
  『エリザベート』ルドルフ
   
1999年 雪組に組替え
  『ノバ・ボサ・ノバ』マール・ブリーザ・メール夫人の3役
2000年 『凱旋門』ラヴィック(役替り公演)
  『月夜歌聲』アンシア
2001年 『アンナ・カレーニナ』ヴィロンスキー(バウ初単独主演)
2002年 『風と共に去りぬ』スカーレット・オハラ
   
  『再会』『華麗なる千拍子2002』(全国ツアー)にて雪組トップスターに
2003年 『春麗の淡き光に』『Joyful!』本公演トップお披露目
  『Romance de Paris』ヴァンサン
2004年 『スサノオ』スサノオ
  『あの日見た夢に』マイケル
2005年 『睡れる月』浜松中納言
  『霧のミラノ』ロレンツォ・クローチェ
  『銀の狼』シルバ
2006年 『ベルサイユのばら』~オスカル編~オスカル

舞風りら 略歴

1995年 星組『国境のない地図』で初舞台
  花組に配属
1996年 『ハウ・トゥー・サクシード』新人公演初ヒロイン
  『香港夜想曲』バウ初ヒロイン
2002年 雪組に組替え
  雪組トップ・朝海ひかるの相手役に

朝海ひかるさん——抜群のスタイル。伸びやかでセンスのあるダンス。
男っぽい大人の役から可憐な娘役までこなせる人で、先日まで演じていた「ベルサイユのばら」のオスカルは、まさに当たり役でした。

相手役の舞風りらさんは楚々とした可愛らしい娘役でありながらもダンスの名手。

朝海ひかるさんを含め、2006年には、宙組・和央ようかさん星組・湖月わたるさんの5組中3名のトップスターが退団することとなります。


朝海ひかる 退団までの出演情報

●朝海ひかるバウ・スペシャル 『アルバトロス、南へ』
  作・演出/荻田浩一

 ・7月14日(金)~7月20日(木) 日本青年館大ホール
 ・7月30日(日)~8月5日(土) 宝塚バウホール

●TCAスペシャル2006

 ・9月1日(金)~9月2日(土)宝塚大劇場

●Musical 『堕天使の涙』
  作・演出/植田景子
●レビュー・アラベスク 『タランテラ!』
  作・演出/荻田浩一

・9月22日(金)~10月30日(月) 宝塚大劇場
・11月17日(金)~12月24日(日) 東京宝塚劇場

舞風りら 退団までの出演情

●宝塚グランドロマン 『ベルサイユのばら』 -オスカル編-
  脚本・演出/植田紳爾
  演出/谷 正純

・7月1日(土)~7月28日(金) 全国ツアー

●TCAスペシャル2006

 ・9月1日(金)~9月2日(土)宝塚大劇場

●Musical 『堕天使の涙』
  作・演出/植田景子
●レビュー・アラベスク 『タランテラ!』
  作・演出/荻田浩一

・9月22日(金)~10月30日(月) 宝塚大劇場
・11月17日(金)~12月24日(日) 東京宝塚劇場


■ 関連記事

2006年宝塚歌劇公演スケジュール

■関連サイト・カテゴリ

宝塚歌劇のホームページへようこそ

TV・新聞・メディア情報



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。