宝塚歌劇団は10月25日、宙組トップスター・和央ようかさんの退団を発表しました。
サヨナラ公演は、2006年に上演されるミュージカル 『NEVER SAY GOODBYE』-ある愛の軌跡

また相手役、宙組トップ娘役・花總まりさんも、和央さんと同じ作品で退団することが、11月8日に発表されました。千秋楽は東京宝塚劇場2006年7月2日(日)。


たかちゃんこと和央ようかさんは、1988年花組公演『キス・ミー・ケイト』で初舞台。
その後雪組に配属され、1998年、宙組発足と共に宙組に移籍。

2000年『うたかたの恋』『GLORIOUS!!—栄光の瞬間—』全国ツアー公演より、姿月あさとさんの後任として宙組の2代目トップスターに。

和央ようか主な舞台歴

1989年 『ベルサイユのばら—アンドレとオスカル編』新人公演にてオスカル
1993年 『天国と地獄-オッフェンバック物語-』新公初主役
1995年 『大上海-グラン・シャンハイ-』バウ初主演
1996年 『エリザベート-愛と死の輪舞-』エルマー/ルドルフ
1997年 『嵐が丘』ヒースクリフ
1999年 『エリザベート-愛と死の輪舞-』フランツ
2000年 『望郷は海を越えて』九鬼海人
  『うたかたの恋』ルドルフ
2001年 『ベルサイユのばら—フェルゼンとアントワネット—編』フェルゼン
2002年 『鳳凰伝』カラフ
2003年 『白昼の稲妻』アルベール
2004年 『BOXMAN』ケビン
  『ファントム』ファントム
  『風と共に去りぬ』レット・バトラー
2005年 『ホテル ステラマリス』ウィリアム・オダネル
  『炎にくちづけを』マンリーコ

■花總まり 略歴

1991年 月組「ベルサイユのばら」にて初舞台
1992年 星組に配属
1993年 雪組に組替え
1994年 「雪之丞変化」「サジタリウス」雪組トップ・一路真輝さんの相手役に
1996年 「虹のナターシャ」「LaJeunesse!」雪組トップ・高嶺ふぶきさんの相手役に
1997年 「真夜中のゴースト」「レ・シェルバン」雪組トップ・轟 悠さんの相手役に
1998年 「エクスカリバー」「シトラスの風」宙組トップ・姿月あさとさんの相手役に
2000年 「うたかたの恋」「GLORIOUS!」宙組トップ・和央ようかさんの相手役に

和央さんのトップ在任歴はここ最近では長く、それだけに、実力、人気、ベテランの風格を兼ね備えた貴重な存在。
また花總さんは、10年以上もの間、娘役トップスターを務めました。これはもちろん異例のこと。近年を代表する大型娘役です。

2004年の「第29回菊田一夫演劇賞」では、和央ようか・花總まりコンビが『BOXMAN』における素晴らしい演技の成果で「演劇賞」を受賞しました。

今現在、和央ようかさん、花總まりさんは、東京宝塚劇場『炎にくちづけを』『ネオ・ヴォヤージュ』の公演中のため、退団会見は後日行われる予定です。

■和央ようか・花總まり 退団までのスケジュール

和央ようかライブショー 『W-WING-』
 作・演出/齋藤吉正

・12月16日(金)~12月29日(木) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
・1月4日(水)~1月11日(水) 日本青年館大ホール

●ミュージカル 『NEVER SAY GOODBYE』-ある愛の軌跡-
 作・演出/小池修一郎

・3月24日(金)~5月8日(月)宝塚大劇場
・5月26日(金)~7月2日(日)東京宝塚劇場


■ 関連記事

2006年宝塚歌劇公演スケジュール

2005年宝塚歌劇公演スケジュール

宝塚歌劇団2004年度の受賞歴

■関連サイト・カテゴリ

宝塚歌劇のホームページへようこそ

TV・新聞・メディア情報



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。