<配役を決める>

主な配役は、すでに決まっています。しかしその他の配役となると、集合日までのこうした期間に決められます。

配役を決めるのは演出家一人ではありません。歌を歌う役なら音楽担当の先生の、ダンス場面なら振り付けの先生の意向も入ってきます。

また、本公演だけではなく新人公演やバウホール公演などで下級生の生徒に接する機会が多い演出助手の「あの子はいいですよ…」なんていう声も生かされることでしょう。


さて、こうしてスタッフらが作業を進めてゆく間、その公演の舞台に立つ生徒たちは何をしているのか……。まだ別の公演に出演していたり、オフだったり。

主役クラスの生徒は公演ポスターの撮影があるため、自分の役はもちろん、詳しいストーリーなどもう少し踏み込んだところまで聞かされるでしょうが、それ以外の生徒はほとんど何も知らないのが現状。自分の配役も集合日までわからなければ、台本も手にしていなかったり。
生徒たちが大変なのは、稽古に入ってからということです。


次回は——スタッフの「稽古期間中」。

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で宝塚のCD・DVDを見る

Amazonで宝塚のDVDを見る


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。