『藤原紀香・木村佳乃・米倉涼子・春花・中谷美紀』
さんらがタカラジェンヌに!


2002年1月3日21:00~23:254日21:00~23:22——フジテレビ特別番組『愛と青春の宝塚~恋よりも生命(いのち)よりも~』が放送されます。

「宝塚が——タカラジェンヌがドラマになる!」ということで、宝塚ファンの関心度は非常に高く、またキャストの豪華さから何かと話題になっているこのドラマの見所や出演者の役どころをご紹介いたしましょう!


1914年に創立された宝塚歌劇団。2002年には88周年を迎えます。
年間総上演回数1300回余り、観客動員数230万人! す、すごいとあらためてびっくり。これだけの長い年月、人々に愛され続けてきた宝塚の魅力とは? 
ファンの方々が一番におっしゃること、それは——宝塚の舞台を観ている時は現実を忘れ、その世界に浸れる——そう。宝塚は夢とロマンの花園ですもん。

その宝塚歌劇が、戦前・戦中・戦後という昭和の激動の時代を描いたドラマになりました。そこには戦争にまつわる様々な苦しく悲しい背景があるわけで。そんな世の中だからこそ、観客に夢を見せようと舞台に生きた5人のタカラジェンヌたち。そこに友情や恋愛もプラスされた物語です。 


脚本には、NHK朝の連続テレビ小説『オードリー』、フジテレビ系『アフリカの夜』、現在TBS系で放送中の『ハンドク!!』などなどの大石 静さん。
演出に藤田明二さん(共同テレビ)。

阪急電鉄株式会社及び宝塚歌劇団は、全面的に撮影提供をしました。
ドラマ中の演目「翼の青春」は宝塚歌劇団の書き下ろし。他、数作品披露される演目の演出・舞台構成は、歌劇団演出家の正塚晴彦氏が担当しました。
大劇場での舞台シーン、これは現在の宝塚大劇場にて撮影。衣装も宝塚歌劇団のものです。

現役のタカラジェンヌ、そして退団後も女優として活躍されている卒業生も多数出演。
また藤原紀香さんら女優陣に、マンツーマンでダンスや日舞の振りを教えたりするアンダースタディも、卒業生が務めました。