ダニエル・K・イノウエ国際空港からホノルル市内までのアクセス

空港からワイキキへ、車での移動時間は20~30分。人数や荷物の量、所要時間など旅のスタイルに合ったものを選ぼう

空港からワイキキへ、車での移動時間は20~30分。人数や荷物の量、所要時間など旅のスタイルに合ったものを選ぼう

ハワイの玄関口であるダニエル・K・イノウエ国際空港からホノルル市中心部までは、約10キロメートル。ホテルが集中するワイキキエリアへはタクシー、エアポートシャトルバス、レンタカーがおもな交通手段です。片道2.75ドルの市バスは、ひざに乗らない荷物の持ち込みが禁止されているため、一般の旅行者には不向きです。
 

乗車前に小銭の用意を

タクシー、シャトルバスに乗り込む前には、ドル(小銭)の用意を忘れずに。日本で両替をしてこなかった場合は、空港内にも両替所がありますが、レートが高いので必要な額(移動費用+チップ、ホテル到着後ベルボーイヘのチップ等)だけ両替をしましょう。
 

空港からタクシーで移動

背中に「TAXI」と書かれたポロシャツ姿のスタッフが配車してくれる

背中に「TAXI」と書かれたポロシャツ姿のスタッフが配車してくれる

ワイキキへ最も早く到着する交通手段がこちら。タクシー乗り場は、到着ロビーの個人用出口を出て、横断歩道を渡った中央分離帯の右側にあります。降りる際には、ドライバーに料金の15%程度のチップを払います。スーツケースの積み下ろしを手伝ってもらったら、1個につき1ドルほどのチップを。 ワイキキまでの所要時間は20分ほど。料金は、一般的なタクシーで約40ドル+チップです。

旅慣れたリピーターには、定額料金制のチャーリーズタクシーが人気です。空港~ワイキキ間は29ドル+チップで、公衆電話等から日本語オペレーターへ電話後、10分ほどでタクシーが到着。ウェブサイトで事前に予約も可能です。詳しくは「空港送迎29ドルのチャーリーズ・タクシー/ホノルル」記事で。
 

空港からエアポートシャトルバスで移動

常に待機している空港公式のシャトルバンのほか、オプショナルツアーのように個人で申し込む空港送迎バンもある

常に待機している空港公式のシャトルバンのほか、オプショナルツアーのように個人で申し込む空港送迎バンもある

空港からワイキキのホテルやコンドミニアムを巡回して、滞在するホテルの前で降ろしてくれる便利な乗り合いシャトル。空港での乗り合い人数調整や同乗者のホテルを巡回するため時間がかかることもありますが、ワイキキまでの所要時間は約40分。1、2人の旅行ならタクシーよりも経済的です。日本の旅行会社が主催する送迎オプショナルツアーもあるので、ハワイビギナーはこちらもチェック。
 

ロバーツハワイ エクスプレスシャトル

ロバーツの乗り場。黄色い旗と黄色いシャツのスタッフが目印

ロバーツの乗り場。黄色い旗と黄色いシャツのスタッフが目印

空港待機のシャトルバスで、乗り場は到着ロビーの個人用出口を出た右側。黄色いシャツの係員にホテル名を告げ、その場でチケットを購入して荷物を預け乗車します。ウェブサイトから予約を入れた場合は、団体出口を出て右側にあるロバーツハワイカウンターでチェックインを(予約時に案内あり)。よりスムーズに移動するためには、事前予約がおすすめです。ロバーツでは、5か所以上のホテルには止まらないことを確約。料金は、チップ込みで片道16ドル

<DATA>
Roberts Hawaii Express Shuttle(ロバーツハワイ エクスプレスシャトル)
料金:大人・子供(2歳~)同料金 片道16ドル、往復32ドル ※チップ込み
予約:ウェブサイト または、「トラベルドンキー」「ベルトラ」等現地旅行代理店ウェブサイトにて
TEL:ロバーツハワイ 808-954-8652
※荷物は2個まで無料、追加1個につき6ドル(ベビーカーは無料)。復路のホテルピックアップは、フライト時間の約3~4時間前
 

H.I.S エアポートシャトル

H.I.Sのツアー参加者以外も利用できる事前予約の送迎プラン(片道15ドル)。空港発14時の最終シャトルまで30分間隔で運行しています。到着ロビーの団体出口にあるH.I.Sカウンターでチェックインを。ただし、バケーションレンタル、コンドミニアムには停車しないため、最寄りのホテルで下車となるので気を付けて。

<DATA>
H.I.S 空港~ホテル混乗送迎プラン
料金:大人・子供(2歳~)同料金 片道15ドル、往復30ドル
予約:ウェブサイトにて
※荷物は2個まで無料、追加1個につき15ドル
 

オリオリ・エアポート・エキスプレス

JTBツアー参加者以外でも利用できる事前予約の送迎プラン(チップ込みで片道18ドル)。到着ロビーの団体出口を出て左側にあるJTBカウンターでチェックイン。ほかのシャトルに比べて料金が少々高めですが、こちらはチップ込みの料金。カウンターで日本語で手続きできる安心感もあります。

<DATA>
JTB 空港~ホテル混乗送迎プラン
料金:大人・子供(2歳~)同料金 片道18ドル、往復36ドル ※チップ込み
予約:ウェブサイトにて
※荷物は2個まで無料
 

空港からレンタカーで移動

個人出口を出て右方向へ歩き、柱番号EとFの間にある横断歩道を渡ってカー・レンタル・センター内の各社カウンターへ

個人出口を出て右方向へ歩き、柱番号EとFの間にある横断歩道を渡ってカー・レンタル・センター内の各社カウンターへ

レンタカーの予約は、日本で済ませておくとリーズナブルで営業所での手続きもスムーズです。ハーツ、バジェット、エイビス、ニッポンレンタカー利用者は、国際線ターミナル個人用出口から徒歩5分のカーレンタルセンターへ。
 
ダラー、アラモのシャトルバス乗り場。「RENTAL CAR PICKUP」が目印。利用会社のシャトルが見えたら手をあげて乗車の合図を

ダラー、アラモのシャトルバス乗り場。「RENTAL CAR PICKUP」が目印。利用会社のシャトルが見えたら手をあげて乗車の合図を

ダラー、アラモレンタカー利用者は、個人用出口を出て横断歩道を渡った中央分離帯の右側奥にあるレンタカー会社のシャトルバス乗り場からミニバスに乗って営業所へ向かいます。空港内に営業所を持つレンタカー会社で借りる場合は、料金に空港使用料がプラスされます。

<紹介記事>
保存

Save空港から配車アプリ「Uber」を利用して移動

Uberのアプリ画面。Uberを利用するにはWi-Fi環境が必要

Uberのアプリ画面。Uberを利用するにはWi-Fi環境が必要

Uberとは、一般ドライバーが自家用車を使ってタクシー業務を行い、乗客がスマートフォンのアプリに乗車場所と目的地を入力すると、最寄りの車をマッチングして配車してくれるサービス。ダニエル・K・イノウエ国際空港では、2017年12月1日から試験的にUberの導入を開始しています。
 
チップは降車後にアプリでドライバー評価を行う時に追加できる。料金と一緒にカード決済

チップは降車後にアプリでドライバー評価を行う時に追加できる。料金と一緒にカード決済

料金は、Uberの需要や道路の混雑状況によって変動しますが、一番リーズナブルな車種の「UberX」で25ドル前後。チップは任意です。ただし、セダンタイプのため、スーツケースの個数等によって大型車「UberXL」(43ドル前後)を選択しなければならない場合、定額のチャーリーズタクシーの方がリーズナブルなことも(チャーリーズタクシーは定員4名。荷物は1人につきスーツケース1個、機内持ち込み荷物1個まで)。

乗車場所は、2階出発フロアの国際線ターミナル ロビー8前と国内線ターミナル ロビー2前。こちらからワイキキまでの所要時間は20分前後。空港ウェブサイトに乗車場所の地図が掲載されているほか、Uberのウェブサイトにもダニエル・K・イノウエ国際空港での利用方法が紹介されています。

<関連記事>  

空港お迎え付きの貸切チャーターで、そのまま観光へ

空港からそのままノースショアへ! 貸切チャーターなら到着日が有効に使える

空港からそのままノースショアへ! 貸切チャーターなら到着日が有効に使える

日本からハワイへの到着は、朝7~12時頃。基本的に、ホテルのチェックインタイムは15時なので、空港からホテルへ直行しても、すぐ部屋に入れることは稀です。それならば、空港からそのまま観光へ出掛ける方法もアリなのでは? 空港お迎え付きの貸切チャーターなら、旅プランは自由自在です。

例えば、日本人ドライバーがガイドを務める「ハワイアンツアーズ」では、朝6時から対応で、空港での車両待機時間は無料。他社では空港へ乗り入れする場合に追加料金が発生しますが、ハワイアンツアーズではなし。定員6名のミニバンで、3時間210ドルから。人数割りすれば、かなりリーズナブルです。

<DATA>
Hawaiian Tours(ハワイアンツアーズ)
問い合わせ:ウェブサイト、または、808-308-2700(営業時間 ハワイ時間 10:00~18:00)
貸切チャータープラン:ミニバン(定員6名)3時間210ドル、4時間250ドル、5時間290ドル ほか ミニバス(定員14名)とリムジン(定員7名)のチャーターもあり
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。