山田太一脚本・松本幸四郎主演のテレビ朝日開局45周年ドラマ

テレビ朝日開局45周年ドラマスペシャル『それからの日々』の制作会見。エリートの主人公(松本)がリストラされ本当の家族の姿を知るいかにも山田太一ホームドラマ。

演出もNHK出身で『夢千代日記』などのベテラン深町幸男。

来春放送予定



倉本聡・富良野名誉市民に

北海道・富良野市が脚本家の倉本聡お名誉市民として表彰することを決定。

『北の国から』や脚本家、俳優を養成する「富良野塾」などの活動により。

また黒板純と結の新居を計画中で、五郎の家のように廃材で作る予定。



広末涼子『武蔵』にゲスト出演

広末涼子がNHKドラマ初出演として大河ドラマ『武蔵』にゲスト出演。
近江鉄砲衆の親方の娘で、父の敵をとったために追っ手からねらわれ武蔵に助けられる役で原作にはないオリジナルな設定。

時代劇に興味があり、高知県出身だけに「坂本龍馬の姉、乙女を演じたい」とコメント。
8月17日放送。



『白線流し』柏原崇とともに復活

高校の友人たちの卒業後の姿を描くシリーズの新作『白線流し~二十五歳』が今秋放送が決定。

前回、別れた渉(長瀬智也)と園子(酒井美紀)の行く末を中心に描く。

おなじみのメンバーの一人、頚肩腕(けいけんわん)症候群などで活動を休止していた柏原崇もこの作品で復帰。



藤本綾らグラビアアイドルが女子高生役

『珍山荘ホテル』の後の朝日放送制作、テレビ朝日系で一部放送の深夜ドラマ枠は藤本綾をはじめ堀朱里、丸居沙矢香などグラビアアイドルが女子高生役で主演する短編シリーズ『17才夏。』

藤本綾(実年令20才)が女子高生役は心配だったけどいい感じに演じられたとコメントしています。



草なぎ剛「ATP賞」受賞

草なぎ剛が全日本テレビ番組製作者連盟主催の「20th ATP賞2003」で個人賞を受賞。

受賞理由は『僕の生きる道』などの演技やSMAPとしての音楽活動が「単なるアイドルの枠を超えた素晴らしいパフォーマンス」と評価されたため。

『僕の生きる道』もドラマ部門最優秀賞を受賞。



『心はロンリー、気持ちは「…」』復活

明石家さんまのヒットシリーズ『心はロンリー、気持ちは「…」』が復活、飯島直子をヒロインにサスペンス仕立てのラブストーリーとなる。

『心はロンリー』シリーズは84年に始まり89年のパート9まで年1回以上のペースで続き、97年にパート10が復活。今回はそれに続くパート11。

8月29日放送予定。



『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』制作発表

『木更津キャッツアイ』の映画版、が副題『日本シリーズが木更津・龍宮城スパホテル三日月(!)で制作発表。

テレビシリーズ最終回後、ぶっさん(岡田准一)の生き延びたひと夏の想い出を描く。

おなじみの五人組で「木更津!!ニャー!!ニャー!!」もやりました。