空港のカウンター

行き来する人もエキストラです。

捜査会議を埋め尽くすスーツ姿、マスクで顔が見えない鑑識の面々、レストランでランチを楽しむ人、道路の向こう側を歩く人、横断歩道を行き交う人、ドラマの様々な場面にエキストラが登場しています。

台詞はありませんが、日常の風景やその場面の雰囲気を作り出すエキストラはドラマを支える大切な存在です。

エキストラには、インターネット(パソコンや携帯)から応募し作品に参加している一般の視聴者がいます。その方たちをボランティアエキストラと呼びます。今回はそのボランティアエキストラを紹介します。


エキストラにやって来る人たちはこんなかんじ

1: 趣味謳歌型
1) 自適悠遊タイプ 
定年退職された方、子育てが落ちついた方などで、新しい自分に挑戦したり新しい世界を体感しようと参加される方。人生を楽しまれているみなさんです。
2) 週末エンジョイタイプ
オフィスでパソコンとにらめっこする日々は、外気に触れることもなく、運動不足が気になります。週末はいつもと違う駅で降りて、いつもと違う世界を体験し、リフレッシュしようとするタイプ。切り替え上手な方が多い印象です。

2: 社会見学型
ドラマに対してマニアックな視点を有している方が多いようです。「現場はどうなっているのか見てみたい!」と参加される方たち。監督、脚本、演出家等に精通し、興味津々で来られます。機材に高まり、撮影の手順に高まり、「チェックします!」「OKです!」の声に高まり……、おそらく帰宅後マニアックが加算され、新たな視点でドラマを語られていることでしょう。ドラマガイドとしても気になる存在です。

3: テレビ記念日型
「せっかく東京(近郊)に住んでいるのだから」 「就職したら(テレビに)出られないから」「子育ても終わったし、一度くらい行ってみたいわ」とテレビ出演を記念にしようと参加される方たち。こういう声を耳にするたび、テレビは特別な存在、憧れの存在なのだと改めて思います。映るかどうかは別として、現場の空気を感じるだけでも素晴らしい記念となりますね。

4: 芝居追求型
役者さんの生の演技を観たい、感じたい。ドラマファンなら誰だってそう思います。
参加する場面によっては、役者さんのいない場合もありますが、アクションシーンや法廷シーンなど、白熱した演技を目の当たりにできることもあります。
特定の役者さんに会いたいと、ファンとして現場に足を運ぶよりは、作品をつくる一人のエキストラとして参加する方が、視野も広がり楽しそうです。


よくあるエキストラの役柄

傘をさし歩くひとたち

雨のなかを歩くこともあります。

1. 通行
あちらの歩道を歩いているのも、信号待ちしているのも、みんなエキストラです。
携帯片手に足早な人、時計で時間を確認する人、ゆっくり歩く人、歩くといっても様々。エキストラは意外に深いのです。

2.  マスコミ関係
登場人物が記者やカメラマンに取り囲まれているシーンや記者会見のシーンでもエキストラは活躍しています。メモをとったり詰め寄ったりの場面ですね。

3.  警察関係 
捜査会議、鑑識、黄色いバリケードテープの前に立つなどなど、黒いスーツや制服姿で演じます。炎天下の制服姿など汗だくで頑張ることもあるわけです。

4.  観客
試合観戦、発表会や舞台などの観客などもエキストラです。大人数現場が多く、大々的に募集されることもあります。