ドラマ ガイド 竹本 道子

たけもと みちこ

心を動かす素晴らしさを!愛と情熱とユーモアでドラマを語り続ける

『太陽にほえろ!』のスクラップブックをつくり友人と盛り上がったこども時代。夕方の再放送が見たくて一目散に帰宅した青春時代。撮影現場を垣間見た平成時代。尽きないドラマへの好奇心は令和もつづく。

得意分野

刑事ドラマ、探偵ドラマ、医療系ドラマ、社会派ドラマ、学園ドラマ
ドラマの社会性、時代性を検証しながら、ドラマを学び楽しんでいる。

ガイド担当テーマ

ガイドからのお知らせ

  • 2016年10月『マツコの知らない世界』(TBS系)に出演しました。
  • 2018年4月・7月『ご参考までに。』(日本テレビ系)に出演しました。
  • 2019年3月朝日新聞の朝刊で2時間ドラマに関するコメントが掲載されました。

活動実績

執筆ガイド記事本数86
メディア掲載実績3

ガイドからの挨拶

ドラマを見て人生がちょっと輝く。ドラマを見て久しぶりにアハハと笑う。
ドラマを見て誰かを愛しいと思う。ドラマを見て人生を愛しいと思う。
はじめまして。ドラマガイドの竹本道子です。

ドラマを見ると私たちの心は動きます。
気がつくと、私たちのビタミンやエネルギーになっていて、
明日も頑張ろうになっていたり、
ケンカしていた友だちと「おもしろかったね」と仲直りできたり、
ドラマはいつだって私たちの毎日に新しいドラマを届けてくれるのです。
私たちに大切な何かを教えてくれるドラマを一緒に楽しみましょう!

刑事ドラマや社会派ドラマ好きというオッサン風を吹かせながら、
最近ではドラマのあとの、SNSお茶の間化という新しい楽しさに関心を寄せています。

「わかるわかる……」と頷き、「ククク、それそれ」と吹き出して、
毎日がちょっと明るくなったなら、これ幸い。
笑わせたい気持ちを心の底でフツフツさせながら、ドラマガイドを精進してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

メディア掲載実績

雑誌女性セブン
“夏ドラ”私たちはこう見る!
2016年07月21日
雑誌Weekly ザテレビジョン 首都圏関東版
'15年冬ドラマ 全28作品クロスレビュー
2015年02月11日
雑誌女性セブン
特集「いつの間にかクセになってる、昼ドラ8つの法則」
2014年08月21日

ガイドの新着記事

  • ドラマのタイトルを5つのパターンに分類してみる

    ドラマのタイトルを5つのパターンに分類してみる

    ドラマの数だけタイトルがあります。グッとくるタイトルもあれば、気になる作品なのに、タイトルには気合いが入っていないのかと心配になることもあります。ドラマのタイトルを分類すると、興味深い世界が広がります。

    掲載日:2020年07月31日ドラマ
  • ドラマ『相棒』が人気シリーズであり続ける7つの理由

    ドラマ『相棒』が人気シリーズであり続ける7つの理由

    長きにわたってシリーズ化され、人々に愛されている『相棒』。Season18をむかえた刑事ドラマ『相棒』は、視聴者がその魅力を語り継いできた作品です。7つの要素から、『相棒』が長く人気で愛され続ける理由を探ります。

    掲載日:2020年07月09日ドラマ

ガイドの新着まとめ

  • お約束の展開とわかっていても見たくなる2時間サスペンス7選

    お約束の展開とわかっていても見たくなる2時間サスペンス7選

    わかりやすい展開、お約束シーンの連続、2時間サスペンスの魅力は特別です。そんな2時間サスペンスのなかから、謎解きの面白さはもちろん個性的な人物が活躍する名作を7選ご紹介します。
    掲載日:2016年11月09日
  • 大人世代にキュンとくる、ちょっと不器用な恋愛ドラマ5選

    大人世代にキュンとくる、ちょっと不器用な恋愛ドラマ5選

    誰かを好きになる気持ちは人生のたからもの。恋している人はもちろん、恋すること、恋する気持ちを忘れてしまった人もキュンとくるのが大人の恋愛ドラマ。たくさんのことを学んできた大人も、こればかりは空回りと遠回りで、なかなかうまくいかないようです。
    掲載日:2016年10月12日

ガイドの新着イチオシ

All About NEWS 新着記事

  • 令和もやっぱりおもしろい!超劇場型ドラマ『半沢直樹』

    2013年、脅威の視聴率と逆転劇のおもしろさで日本中をザワザワさせた『半沢直樹』が帰ってきた。エンターテインメント性を倍増させながら、アクの強い俳優たちがさらなる高みで魅せる超劇場型ドラマ『半沢直樹』に、私たちはなぜ魅かれるのだろう。

    2020年08月13日

  • 賀来賢人の瞬発力が生きる『今日から俺は!!劇場版』がおもしろい

    『今日から俺は!!劇場版』が大ヒットしている。80年代ロックにシニア世代が沸き、佐藤二朗に小学生が爆笑する全世代型の作品。迫力のバトルアクション、ツッパリの熱い想い、究極のバカバカしさを自在に切り替える賀来賢人の瞬発力にも注目だ。

    2020年08月04日

公認ガイドブログ

  • HOPE ~期待ゼロの新入社員~清々しく胸を張れ

    9月18日の日曜日、最終回を迎えた『HOPE~期待ゼロの新入社員~』。録画を3回見て3回泣いた作品である。 働く現場を描く作品は多いけど、なんだかな…の作品も意外に多い。そんなにおしゃれな雰囲気じゃないぞと思...

    更新日:2016年10月24日
  • 『予告犯』 究極のエンターテインメントのメッセージに涙する

    映画を観ながら泣いたことはもちろんあるのだが、今回はふともらい泣きするとか、クライマックスで涙するとかいうものとは違った。号泣ではないが止まらない涙だった。   ネット社会が生む不条理とネット社会で浮...

    更新日:2015年06月13日