自分の手で何かを作り、それを実際に使ったり遊んだり飾ったりできるのは、子どもにとって大きな喜びの体験になります。その体験を大人がまず味わって、「作る姿」を子どもに見せることができたらどうでしょう?今回紹介する「ろくろ倶楽部」は対象年齢15歳以上。子どものためのおもちゃではありません。でも、お父さんやお母さんが陶芸遊びを通じて、小さな作品を作るのを楽しみ、そのそばで自分も何かこねこねして遊ぶのは、子どもにとっては大きな「まねび」になります。

画像をクリックすると次のページにいきます。
完成一号
ろくろ倶楽部の作品第一号。ゆがみましたが、それも味!
すべりのよい粘土をさわるのは、大人にとってもアルファ波が出そうな心地よい体験でした。陶芸というと、本格的に窯に通うイメージがありますが、「ろくろ倶楽部」はベランダで手軽にトライできます!

<INDEX>
2ページ目:ろくろ倶楽部 まずは下準備
3ページ目:こねて、まわして、ととのえる
4ページ目:じっくり乾かし、オーブンで焼く
5ページ目:専用粘土や絵具はアマゾンで!

>>次のページは 「ろくろ倶楽部」まずは下準備