びっくりするほど、軽くなった紙粘土

たのしい紙粘土とかるいかみ粘土
文房具屋さんで見かける普通の紙粘土(上)と軽い紙粘土(下)。(どちらも株式会社パジコ製)
重さを量る
ほぼ同じ容量のパッケージで重さを量ると、5分の1近く軽くなっています。写真では200gを指しています
フワフワムースのかみ粘土
この量で重さ80g。触った感じはクリーム。固まった感じはスポンジ!?
「紙」というイメージから「紙粘土は軽いもの」と思われがちですが、実は普通の紙粘土の方が花や人形などを作る手芸用の粘土に比べて重いのです。粘土が重いと、小さなお子さんにとって扱いにくくなります。また完成品が重くなるため、夏休みの工作の重量が2キロ!なんてこともあるんですよ。

そんな重さを解消するために、中が空っぽになったものすごく小さな球(微小中空球)を、パルプと一緒に練りこむことで軽量化をした「かるい紙粘土」がいくつか販売されています。ものによっては約5分の1ほどの軽さしかありません。これだけ軽くなると、ちぎってねじってこねての作業を長時間やっても、あまり疲れないのです。

できあがりが、まるでスポンジのよう

文房具屋さんよりもおもちゃ屋さんで目にする「フワフワムース」シリーズ(クツワ株式会社)は究極の軽さ! 紙粘土として作品を作るには、人によっては軽すぎるかもしれませんが、一度触ってみると新しい感触に夢中になります。できあがりがまるでスポンジのように軽いのです。

<DATA>
・商品名:たのしい紙粘土(株式会社パジコ)
・価格:262(税込)
・対象年齢:6才以上
・容量:1kg
・販売店:全国文房具店、画材雑貨玩具売場、インターネットショップ

・商品名:かるいかみ粘土かるがる(株式会社パジコ)
・価格:367(税込)
・対象年齢:3才以上
・容量:480ml、200g
・販売店:画材雑貨玩具売場、インターネットショップ

・商品名:フワフワムースのかみ粘土(白)(クツワ株式会社)
・価格:420(税込)
・本体:H140×W90×D20mm
・容量:80g
・備考:ジッパーつき、トレー入り
・販売店:画材雑貨玩具売場、インターネットショップ

>>これでお菓子屋さんやパン屋さんごっこ!>>