さぁ! ねんどで遊びましょう!

お砂場で泥んこ遊びを楽しむようになったら、ねんど適齢期。そうはいっても、子どもが誤って食べてしまわないようにとの配慮から、市販のねんどの対象年齢は3歳以上に設定されているものがほとんどです。でも、あきらめないで。キッチンにある材料を使って、誰でも簡単に作れる安全なねんどの作り方をご紹介。子どもと一緒にコネコネして、楽しんでくださいね。もちろん、市販ねんどもご紹介しますよ!

<CONTENTS>
1ページ目:小麦と塩で、簡単安全自作ねんど
2ページ目:ねんど遊びをもっと楽しくするグッズ
3ページ目:【応用編】ごっこ遊びをするならコレ!
4ページ目:カラフルねんどで色彩感覚を育てる!


小麦と塩で、簡単!安全!自作ねんど

キッチンにある小麦粉を使って、ねんどを作れるんです。小麦粉なので、万が一、子どもがねんどを食べたときも安心。ぜひ自作してみましょう。

 
1.小麦粉1カップ(100g)、塩大さじ1、水70ccです。塩をもっと多めにすれば、我が子が口に入れた時にしょっぱく感じるので、飲み込み防止にもなります。食用色素で色づけする場合は、この時点で加えるようにしてください。
 
2.はじめは少しずつ水を加えていきます。最初はボロボロとしてますが、10分ほどコネていると、耳たぶくらいのやわらかさにまとまってきます。この時に食用油小さじ1を加えると、まとまりがよくなります。
 
3.10分もこねればできあがり!できあがったねんどは、食品としては生ものになりますので、そのままでは腐ってしまいます。遊び終わったら、ラップをして冷蔵庫で保管し、2~3日ほどで捨てるようにしましょう。
基本的な材料は、「小麦粉」と「水」だけ。かつ時間もそれほどかからず、我が家にある材料だけで作成できます。オススメですよ!
>>ねんど遊びをもっと楽しくするグッズ>>