東京・青山のサロン『anti』の人気スタイリストでもあるKEIKOさん。「どちらも10分くらいで完成します。パーティにも使えますので、チャレンジしてみてくださいね」

東京・青山のサロン『anti』の人気スタイリストでもあるKEIKOさん。「どちらも10分くらいで完成します。パーティにも使えますので、チャレンジしてみてくださいね」

30代~40代の女性は、仕事や子育てに忙しく、自分のことが後回しになりがち。「なかなか美容院に行けず、髪が伸びっぱなし……」という方が多いのではないでしょうか。今回は、All AboutヘアアレンジガイドのKEIKOさんに、肩にかかるぐらいの長さでできる、2パターンのアップスタイルを教えていただきました。

■旬のヘアアレンジにするコツ
後れ毛を出したり、トップの髪を引きだしたりと、ちょっとルーズなスタイルにまとめるのが旬。前髪を作って下におろすと、若々しいイメージになります。前髪はストンと下ろすのではなく、丸みを出して。よりかわいらしさを演出できます。

 

くしゅくしゅ感がキュート! サイドアップのヘアアレンジ

肩にかかるボブをサイドアップ・スタイルに

肩にかかるボブをサイドアップ・スタイルに

肩にかかるくらいのボブをまとめ髪に。前・横・後ろから見た時、アシンメトリー(左右非対称)になるよう、サイドにアップするとかわいいイメージに仕上がります。シンメトリー(左右対称)にすると、きちんとした印象で大人っぽくなります。

 

(1)やわらかく仕上がるワックスを髪全体につける。量は小指の先ぐらい。手のひらで温めるようにのばして髪の真ん中から毛先につける。コテで内巻きにし、巻き髪をつくる。パーマヘアは巻かなくてもOK。

少し浮かせてトップに丸さを残すように

少し浮かせてトップに丸さを残すように

(2)左右のサイドを残し、耳より上の髪をとる。

 

アメリカピンの留め方が崩れないコツ

アメリカピンの留め方が崩れないコツ

(3)とった髪を、きつめにねじってアメリカピンで留める。アメリカピンは、ねじり目の3分の1くらいのところに、地肌に直角にさすようにして固定する。

 

隙間があかないように気を付けて

隙間があかないように気を付けて

(4)下の髪をとり、前にねじって上の束の下方にアメリカピンで留める。 襟足に丸みをもたせるように。

 

毛先を小分けにして留めると崩れにくい

毛先を小分けにして留めると崩れにくい

(5)下の束の毛先を、上の束にかぶせるようにUピンで留める。Uピンは土台の根元に向かってさす。下の毛束は一まとめにしないで、小分け(2~3ヵ所)にして留めるのが崩れないコツ。

 

ピンをつけるだけで、即パーティヘアに!

ピンをつけるだけで、即パーティヘアに!

(6)トップの髪をくしでふんわりと引きだして整える。前髪は丸みを出すようにブローする。キラキラ系のピンをつければ、パーティヘアに!

 

肩にかかるボブでつくる、サイドアップ・スタイル

肩にかかるボブでつくる、サイドアップ・スタイル


前からも横からも、後ろからもかわいらしく見えるスタイル。写真を撮られるときは、アップにした側に立つようにすると、かわいらしさがアップします。

次ページでは、伸びかけヘアでもできるフルアップのアレンジをご紹介します。