お掃除する気も失せる、寒い雪の朝も……

お掃除する気も失せる、寒い雪の朝も……

今冬は、寒い雨や曇り空の日が多いような気がしませんか? そんなシトシト氷雨の降るなか、出かけるのは億劫ですし、かといって張り切ってお掃除! という気分になりにくい。でも、そんな日だからこそ、籠もってヌクヌクと行いたい、うってつけのプレ掃除ポイントがあります! 来たる大掃除に先駆けて、ぜひ寒~い日にやってみて下さい!


用意するもの

  • ぞうきん(お湯で絞る)
  • 爪楊枝(使用済みの竹串でも)
  • たわし
  • 古歯ブラシ
  • 粘着テープ


椅子、ソファ、テーブル等、家具の足元掃除

ダイニングチェアなどの椅子や、ソファ等の家具の足元についたホコリやゴミ。よほど意識して、日常的に掃除しなければ綺麗な状態を維持することって、できませんよね。だからこそ今やります!

椅子は一脚ずつそっと横に倒し、足元から座面の底を念入りに雑巾で拭きましょう。背もたれとクッションの隙間にもホコリが溜まっています。細かなところは楊枝などで注意しながらほじくります。


椅子、ソファのクッション下掃除

本体とクッションが分離できるタイプの椅子やソファなら、その隙間に溜まったゴミやホコリのなかで平素の掃除では取りきれなかったものを、この機に除去しましょう。細部は古歯ブラシで掻き出すように、出た汚れは即、粘着テープで捕獲します。綺麗な雑巾で拭ける部分は拭いてしまいましょう。

皮ソファについた皮脂汚れなどは、セスキ炭酸ソーダ溶液(5%)を雑巾に付けたもので少しずつこするとよく落ちます(シミや色落ちの可能性も考えられるので、目立たない部分で試してから広域は行ってください)。