自分を理由に上手く断ってみる

学校や習い事が一緒でも、子どもが習い事を終了したり学校を卒業したりしてしまえば、ママ友とは驚くほど一切の関わりがなくなるのです。ご近所同士でも、お互いが仕事を始めたり子どもが成長したりして忙しくなると、途端に関わりが薄くなるのです。「以前お世話になったから」という場合は、ちょっと考え直して。一度お世話をしたからって、その後継続してあなたを振り回す理不尽な相手は、本当に付き合い続けるべき相手ですか?

この困った人間関係は、実はあなたが行動のベクトルをほんの少しずらすだけで、たちまち変化するものでもあるのです。物理的に接触する時間をなくせば、その人間関係は霧となって消えてしまいます。一度、誘いを断ってみましょう。断るときの理由は、他にやらねばならないことがあるとか、体調が悪いとか、「自分理由」にすることが上手に断る秘訣です。そして長話をやめ、失礼でない程度に挨拶をするだけの関係へ、距離を置いてみましょう。ママ友のトラブルでは、ひょっとすると話し相手がいないとか、寂しいという気持ちがクセモノなのかもしれません。
 

子育てもママ友も、「ずっと一生続く」わけではない

ママ友
発展的解消という結論もあり!

子育てが「ずっと一生続く」わけではないのと同じように、ママ友も「ずっと一生続く」わけではありません。人間関係に悩みを抱えている自分を掘り下げてみると、ひょっとすると「これではない何か」とか「ここではないどこか」を求め、他にやりたいことがあるのではありませんか?

あなたの悩みは、本当は自分自身の中のポジティブな変化がもたらしているのかもしれません。もう、あなたは充分やってきたのです。その人間関係を卒業していい時期なのかもしれません。

樹形図をイメージしてみて下さい。今は同じところにいる子どもが成長してそれぞれの進路をとって別れていくように、一人の女性であるママたちも成長し、それぞれの進路を取るのです。「ずるずる」には、キッパリNOを。自分の中に芽生えている変化を、ぜひポジティブな変化に変えていきませんか?


>> ママ友の作り方、トラブル対処法など、ママ友付き合いについてはこちら





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。