「てってーてきにサイコー」


   「あたしエロイーズ。6歳」

NYは5番街にあるプラザ・ホテルの最上階の部屋に、英国人のナニーと猫みたいな顔した犬(のちにパグと判明)ウィニー、カメのスキッパーディーと住んでいる、「はっきり言って都会のこども」

天衣無縫、傍若無人、プラザ最上階の廊下のつきあたりの「あたしの部屋」に行くのには、「スケート靴がおすすめよ」


フロント、ロビー、プラザのあらゆる部屋を駆けめぐり、”ロビーのこまりもの”と呼ばれながらも、ベルキャプテンも支配人もみんなお友達。

そして、「たいくつするのは、サイテー」。だから、「フォークで髪をとかしてみる」わけ。

「ああ、神さま、なんとかして。てってーてきに忙しいったらありゃしない」


「お部屋につけてね、どうも、ありがと」

なんてったって、ママは「ホテルのオーナーの知り合い」「バーグドーフ(5番街の高級デパート)でもつけがきく」「はっきり言って、ココ・シャネルの知り合い」
AT&Tの株も持ってるしね。

ママはヨーロッパにもパリにもよくいくし、ときどきバージニアにもいく。「そのときは弁護士がいっしょ」

いつも不在で、「お天気がいいと手紙をくれて、あたしをさそう」

たまにエロイーズがひどい病気にかかって「頭がずっしり」になると、「ママをよんでもらう。長距離電話。お部屋につけで」

食事はほとんどルームサービス。エロイーズはルームサービスを注文するのも手馴れたもの。犬のために「ローストビーフの骨1本」、カメのために「レーズン1箱」、そしてナゼか「スプーン7本」、以上を「お部屋につけてね、どうも、ありがと」

学校には「てってーてきに行きたくない」から、家庭教師がくる。アンドーバーのロースクールの学生、フィリップはエロイーズの格好のえじき。「いつもすっ飛んで帰るわ」


「だって、あたしはまだ6歳だもん」

そんなエロイーズにも、眠れない夜がある。すると洋服だんすの探検に出かけちゃう。オバケみたいなガやら、人食い鳥やらうじゃうじゃいるのに出会って、危機一髪。「助かったけど、心臓ばくばく」、そんなわけでナニーを「懐中電灯で起こさなきゃ」

「足の爪に赤チンつけて包帯まいてよ」、ナニー!