いわゆる「頭の良さ」を表す指標としてよく耳にするIQとは、Intelligence Quotiant(知能指数)の略。そして近年話題になったEQはEmotional Intelligence Quotientの略で、「感情指数」や「心の知能指数」と呼ばれるもの。さて、そのEQの重要性を説いたダニエル・ゴールドマン氏が2007年に発表したSQ(Social Intelligence Quotient)が、最近様々な分野で注目を集め始めています。

SQ(社会的指数)って何?

SQの高い子とは?
IQ・EQ・SQの違いとは?
なんだか難しそうですか? SQとは、「社会的指数」や「生き方の知能指数」などとも言われますが、簡単に言うと、人と人とをつなぐコミュニケーションの能力=社会性のことなのです。私たちの生活を思い出しても、親や友だち、先生や会社の仲間など、たくさんの人に囲まれて生活をしています。一方で、頭は良くても社会の中で人とやり取りをするのが苦手で苦労をする人もいるのではないでしょうか。そういった「人と上手に関わりながら社会で生きて行けるための大切な筋肉」がSQというわけです。

SQ(社会的指数)が高い子=空気が読める?

円満な人間関係
SQが高いと、相手の気持ちが分かる
ではSQが高い子とは、どんな子のことをいうのでしょうか? 同調や共感の能力があると、人との関係の中で「いま、嫌な気持ちになっているな」「今はそっとしておいてほしいんだな」「この人と仲良くなるには、どんな風に声を掛けるといいんだろう?」などと相手の気持ちを想像することが出来ます。

また、人が集まった時に「今、これを言うにふさわしい場だろうか?」「雰囲気が悪くなっているな。どうしたらいいだろうか?」と、場の空気を読むことができるようになるのです。最近若者の間で「KY(空気読めない)」などという言葉が流行っていますが、SQの高い子は「KYR(空気読める)」な子だといえるでしょう。この能力は大人になってからも社会と関わる上で欠かすことが出来ないものです。

人は、人にしてもらったことから学びます。空気が読める子ども、人の気持ちが分かる子どもに育てるためには、ママや周りの大人が赤ちゃんに対して心理学で言う「表の道」つまり表面的な言葉だけではなく、「裏の道」と呼ばれる感情のやり取りを感じ取れるような関わりをしてあげることが大切なのです。

逆にSQ(社会的指数)が低いと……?

事例を交えて分かりやすく紹介してくれているSQ(社会的指数)とEQ(感情指数)
SQは社会で生きていくために大切な、人との関係を作る能力
では、SQが低いとどうなるのでしょうか? キレやすい子に育ったり、共感のできない人間、人の気持ちの分からない人間、友達関係や信頼関係の結べない人間になってしまいます。さらにそれが行き過ぎると少年犯罪を引き起こしてしまう恐れも。

どうしてそんなことになってしまうのでしょうか? 悲しいことに、人間にとって大切な「愛情のこもった気持ちのやり取り」を経験していないからです。ダニエル・ゴールドマンの著書『SQ生きかたの知能指数』の中では、こうした興味深い事例もたくさん紹介されています。

>> SQの基礎は乳児期の親子関係にあり