新生児育児について詳しくはこちら
 母乳育児・授乳について詳しくはこちら

文章:浅川 美映(All About「育児の基礎知識」旧ガイド)

画像の代替テキスト
初めはみんな「ママ1年生」
生まれてすぐの赤ちゃんは、まだ首もフニャフニャ。ママもわかないことだらけ、不安だらけで、ドキドキしながら子育てのスタートですね。何をどうしたらいいのか?と、「?」がいっぱいでしょう。そこで、ガイドの経験も踏まえ、ぜひ押さえておきたい、新生児(0~1ヵ月)のお世話ポイントをまとめてみました。

こちらも合わせてお読みくださいね!
赤ちゃんの発達・発育カレンダー 0~1ヵ月

おっぱい・母乳は欲しがるだけあげましょう

おっぱいを飲む赤ちゃん
おっぱいやミルクを飲むのは赤ちゃんも結構体力を使います
昔から言われる「3時間おきの授乳」。しかし! ママの母乳の出方や、赤ちゃんが飲める量はそれぞれ違います。そのため、赤ちゃんがお腹の減る時間には個人差があります。授乳間隔は誰でも絶対に3時間ということはありません。

なかなか上手に吸い付けない子もいます。チュパチュパしていても、たくさん飲めていない場合もあります。疲れてしまって、お腹が空いてるけれど飲むのを止めてしまう場合もあります。赤ちゃんとママがお互いに慣れてくると、少しずつ変化してきますけどね。この時期の赤ちゃんには、欲しがるときに欲しがるだけ飲ませてあげましょう!

赤ちゃんの生活は寝たり起きたりの繰り返し

あくびをする赤ちゃん
赤ちゃんは寝るのが仕事!?
赤ちゃんの睡眠時間についても、上で説明した授乳間隔と同じです。「3時間おきの授乳」同様、「赤ちゃんは3時間寝る」という神話も昔からあります。しかし、3時間眠る子もいますし、3時間未満で起きる子もいます。反対に、3時間以上寝る子もいます。いろいろです。

赤ちゃんによってそれぞれペースは様々ですが、新生児期の赤ちゃんは「寝る・起きる・泣く」のがお仕事。ママも慣れない育児に疲れていて、赤ちゃんの泣き声がうるさく感じるときもあるでしょう。でも、この時期の赤ちゃんは「泣く」ことで欲求を伝えることが仕事なのです。泣いたら「どうしたの?」と優しく声をかけてあげてくださいね。