我が子の発達は気になるところ……だと思いますが、子どもの成長は、マニュアル通りにはいきません。しかし、成長に大幅な遅れがある場合、何か原因があることもあります。この発達カレンダーで、様々な心配を吹き飛ばしてしまいましょう!

この時期のお世話ポイントはこちら!
新生児のお世話のポイント(0~1ヵ月)

生まれてから体重が減る!? 生理的体重減少とは

新生児
幸せを握って生まれてくる赤ちゃん
赤ちゃんが生まれてから、一時的に体重が減る時期があります。それは「生理的体重減少」と呼ばれるものです。体から出す量(おしっこ・うんち)が、飲む量(おっぱい・ミルク)より多くなるため、体重が減ります。生後4日位で一番少なくなり、その後は10日位で生まれたときの体重に戻り、あとは増加していくパターンが多いです。

新生児の体重増加の目安

赤ちゃんの体重はどのくらいのペースで増えていくものなのでしょう? 1日で30gと言われることもありますが、1週間単位で、大きく考えていきましょう。目安としては、1週間で250g前後と言われています。

おしっこ・うんちの回数

赤ちゃんは内臓の発達が未熟なため、おしっこ・うんちの回数はとても多いです。「さっき取り替えたばかりなのに!」と思うことも多いでしょう。目安としては、1日に「おしっこ20回前後・うんち5回前後」です。といっても、個人差の激しいものですので、我が子のペースを、しっかりと知ることが大切です。

昼・夜の区別なし!

生後2週間くらいまでの赤ちゃんは、1日のほとんどを寝てすごしている感じです。「おなかが空いた!」「おしっこ・うんちが出た!」という不快な状態のときに、泣いて訴えます。そして、不快が快になったら寝るというパターンです。

おっぱいの場合、まだ上手に飲めない赤ちゃんも多く、途中で疲れて寝てしまったりして、満腹まで達していないときもあります。そのため、3時間おきではなく、「泣いたら飲ませる」ようにしていきましょうね。飲める量も増えてくると、自然と生活リズムができてくるので、ご安心ください。