お子さんは、ブロック遊びをしていますか??

ブロックは、子ども達が自分の力で作り上げていく・・・最高の玩具です。近年、就学前後になってくると「テレビゲーム」へ遊びが移行してしまい、ブロック遊びは、低年齢の子の遊び!という雰囲気になっています。

しかし、以前は違っていました。年齢に合わせブロックのサイズなどを選んでいき、最終的には、大型のものを作れるようになったり・・・と、年齢により継続して長い期間遊べるおもちゃだったのです。

テレビゲームばかりではなく、お子さんが自分で「遊びのレール」を作り、「遊びを展開」していく「ブロック遊び」を、ぜひ!もう一度見直してお子さんと一緒に遊んでくださいね♪

井型ブロックブロックには、様々な形と大きさのものがあります。今回は、我が家にある3タイプのものを紹介します。

左の写真は、ソフトタイプのブロックで、小さなお子さんにも安心して渡せるブロックです。角も、鋭利ではありませんので、もしぶつけても、大きな怪我には、なりにくいタイプです。

また、パーツも大きいため、誤飲もふせげます。


つくる久しぶりに娘に出してみました。

「なにしようかなぁ~」と考えながらできたものは・・・

大人が見たら(う~ん・・車なのそれ?)というようなもの(笑)


ブロックでつくった車でも、絶対に子どものイメージしたものを、否定してはいけません。子どもは空想したり、いろいろなイメージを広げていくものです。実在しているものと、形がかけ離れていても、決して否定はしないでくださいね。

そして、自分でイメージしたものを、形として表すことができるようになったこと。そして、そこまで成長したということを、喜び、お子さんの気持ちを共有してください♪

時に、イメージしたものが形として作れなくて、怒る子もいます。そのような場合には、「どんなふうにしたいの?」と、さりげなくサポートしてくださいね♪


>>>>>次は、こんなブロック!>>>>>