記事中の情報は、記事執筆時点のものです。2007年3月に厚生労働省から「授乳・離乳の支援ガイド」という離乳の基本方針が発表され、離乳食に関するガイドラインが変更になっています。詳しくは厚生労働省:「授乳・離乳の支援ガイド」の策定についてや 「何が変わった?新しい離乳のガイドライン」(All About「離乳食・幼児食」)をご確認ください。

前回の記事『離乳食 中期のポイント』では、離乳食の固さやあげる時間帯、離乳食中期の進め方などのポイントについてお話ししました。今回は離乳食後期について詳しくご説明したいと思います。

離乳食後期といえば3回食

母と娘
離乳食後期はモグモグ、カミカミの練習
離乳食も「後期」に突入! 後期といえば3回食です。3回食に進む目安は、食べる量や、月齢ではなく、以下の点を確認してからにしましょう。
  • 口をモグモグと、しっかり動かして食べれるようになった
  • 1回の食事の量が、子ども茶碗に1杯くらい食べれるようになった
この頃になると、舌をたくさん動かせるようになります。舌の次は、歯ぐきです。3回食は、歯ぐきを使って「モグモグ」「カミカミ」の練習です。

離乳食後期をあげる時間帯は?

2回食のときの時間に、もう1回プラスするわけですが、その時間を決めましょう。いままで離乳食をあげていた時間以外の授乳タイムのうち、1回を選ぶことになります。

3回の離乳食の時間は、最低でも3~4時間ほど空けましょう。そして、3回目の離乳食の時間が、夜遅くにならないようにします。しっかりと食べられるようになってきたら、少しずつ家族の食事時間と同じにしていくといいですね。

家族と一緒の食事では、家族団欒の中で、食べることの楽しさをたくさん知らせていってほしいと思います。