記事中の情報は、記事執筆時点のものです。2007年3月に厚生労働省から「授乳・離乳の支援ガイド」という離乳の基本方針が発表され、離乳食に関するガイドラインが変更になっています。詳しくは厚生労働省:「授乳・離乳の支援ガイド」の策定についてや 「何が変わった?新しい離乳のガイドライン」(All About「離乳食・幼児食」)をご確認ください。

前々回の記事『離乳食 準備期のポイント』では離乳食の開始時期や準備段階の進め方について、前回の記事『離乳食 初期のポイント』では離乳食をあげる時間帯や初期の進め方についてお話ししました。今回は離乳食中期についてを詳しくご説明したいと思います。

離乳食中期は、モグモグと食べることを覚える時期

離乳食
離乳食進んでいますか? 初期の離乳食は食べられるようになりましたか?
よく「○さじ食べられるようになったら、中期の2回食」なんて言いますが、もちろん食べる量には個人差があります。大人だって、少食の人、大食いの人……様々です。赤ちゃんだってそうなのです。

食べる量よりも大事なことは「ドロドロ・ベタベタ状の食べものを、しっかりと唇を閉じて、飲み込むことができる」ということです。

「口をあまり開けないな」「口に溜め込んで、飲み込まないな」と感じてたら、そろそろ2回食にしたいと思っても、初期のままもう少し「ゴックン」の練習をしましょうね。

赤ちゃんの口でも、ちょっとした変化が現れてきます。舌を前後にしか動かせなかったのが、上下にも動かせるようになってきます。つまり、離乳食中期とは、舌と上あごで食べ物をつぶして、モグモグと食べることを覚える時期なのです。

食べものの固さは?

舌と上あごで簡単につぶせる固さにします。野菜でいうと、あとちょっとで煮崩れしちゃうかな?くらいのところ。または、プリンのようなフワフワした柔らかい感じ。

ママが手につまんで簡単につぶれるくらいの固さなら、ブツブツの固形物が入っていても大丈夫ですよ。