記事中の情報は、記事執筆時点のものです。2007年3月に厚生労働省から「授乳・離乳の支援ガイド」という離乳の基本方針が発表され、離乳食に関するガイドラインが変更になっています。詳しくは厚生労働省:「授乳・離乳の支援ガイド」の策定についてや 「何が変わった?新しい離乳のガイドライン」(All About「離乳食・幼児食」)をご確認ください。

離乳食って一体何のためにやるの? そんな疑問をもったことありませんか? それは、今まで液体しか口に入れていなかった赤ちゃんが、何ヵ月もかけて、いろいろな味、固さ、形に慣れていき、食事を食べられるようになるための練習期間なのです。

離乳食を始める前に

赤ちゃんと離乳食
少しずつスプーンにも慣らしていきましょう
まずは、離乳食の準備期間として、果汁やスープなど、ミルクや母乳とは違う味に慣らしていきます。離乳食を始める前の、生後2~4ヵ月になったら始めてみましょう。

最初は果汁を湯冷ましで2倍くらいに薄めてみましょう。その味に慣れてきたら、次はスープ。野菜を茹でてこしたり、味噌汁の上澄みでもいいですよ。ここでいきなり、大人用のジュースや固形・粉末スープをあげるのはやめておきましょう。今はベビーフードの粉末などもあり、ジュースもスープも簡単に作れます。少しめんどくさいなと思ったら、そういうものを利用するのもいいと思います。ちなみに私はベビーフードのジュースやスープは常備していました。

同時にスプーンの練習も始めていきます。果汁やスープを与えるときには、スプーンを利用しましょう。スプーンに慣れていくことで、離乳食へもスムーズに入れます。スプーンは平たく、先の小さい物が良いでしょう。そして、与えるときに流し込んでしまうのではなく、唇の上にそっと乗せてあげて、赤ちゃんが自分で飲めるような状況を作ってあげます。最初は乳首と同じような感じでチュクチュクと飲むでしょう。また、こぼしたり、上手く飲めないときもあります。でも、これはあくまでも準備期間としてスプーンやミルク以外の味にも慣れるということが目的です。

上手にできないからといって、離乳食に影響はありません。赤ちゃんの様子を見ながら、無理のないように進めていきましょう。